豆知識

ボンネットマスコットが減った理由!意外と知らない高級車の豆知識が話題に!

投稿日:

ボンネットマスコットが減った理由…
意外と知らない高級車の豆知識が話題に…

 

高級車といえば以前はボンネットに
マスコットやエンブレムがありましたが
最近は見かけなくなりましたよね。

今回はそんなボンネットマスコットが減った理由を紹介します。

ボンネットマスコットが減った理由

外車ではジャガーのエンブレム「ザ・リーピング・ジャガー」や
メルセデス・ベンツの「スリーポインテッドスター」や
ロールスロイスの「スピリット・オブ・エクスタシー」などは
まさに高級欧州車の象徴的な存在です。

欧州車ではいまだに採用されているモデルも見受けられますが
以前に比べるとその数は少なくなりました。

特にメルセデス・ベンツの場合
以前ならほとんどの車種に採用されていたマスコットが
近年は一部車種のみとなっています。

ちなみにロールスロイスのマスコットは
盗ろうとするとボディ内部に逃げます。

現在もボンネットマスコットを使用している車種は
可倒式や収納式で歩行者に配慮した仕組みになっています。

ボンネットマスコットが減った理由は安全性です。

ボンネットマスコットはボンネット上の突起物ですので
例えば歩行者がボンネット上に乗り上げてしまうような事故が起こった場合、
凶器となる可能性があります。

こうした事情からメーカーが採用を取りやめるケースが増えています。

また、ボンネットマスコットがあることによって
押し出し感が強くなってしまい、
結果としてユーザーが敬遠するケースもあるようで
意図的にボンネットマスコットを使用しないモデルも増えているようです。

これは平成13年6月に自動車の国際基準調和の一環として
道路運送車両の保安基準等が改正され、
国際基準である「乗用車の外部突起(協定規則第26号)」が
導入されたことが原因です。

日本でも以前は日産ローレル、日産シーマ、日産セドリック、日産グロリア、
トヨタの高級大型車クラウンマジェスタなどが採用していましたが
昨今は法律の関係もあり、取り入れている車種はありません。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

網戸をしっかり閉めているにもかかわらずなぜか虫が家の中にはいってくる!もしかするとこんなことが原因かも!

網戸をしっかり閉めているにもかかわらずなぜか虫が家の中にはいってくる…もしかするとこんなことが原因かも…

トイレに流すと詰まる意外なもの5選!これらは絶対に流さないで!

トイレに流すと詰まる意外なもの5選…これらは絶対に流さないで…

BABY IN CARのステッカーの本当の意味!日本人の9割が知らなかった!

BABY IN CARのステッカーの本当の意味… 日本人の9割が知らなかった…

コロナで闘病中だという、とある男性からのこんな情報が大変為になると話題に!是非覚えておいてください!

コロナで闘病中だという、とある男性からのこんな情報が大変為になると話題に…是非覚えておいてください…

群馬、神奈川、新潟、大分でとんでもないものが完成!日本地図を見て大発見!

群馬、神奈川、新潟、大分でとんでもないものが完成… 日本地図を見て大発見…