驚き

その昔、欧米で行われていた12の習慣…今ではありえないと話題に!

投稿日:

その昔、欧米で行われていた12の習慣…
今ではありえないと話題に…

 

その昔、欧米で行われていた12の習慣

すっかり欧米化が進んだ現代とはいえ、
その姿は昔の欧米とは大きく違います。

当時の服装や風習などには
今の社会ではまるで考えられないようなものもあるんです。

今回はその昔、欧米で当たり前のように行われていた12の習慣を紹介します。

その1.睡眠を二回に分ける


中世ヨーロッパに人々は今でいう相睡眠という習慣がありました。

これは日没とともに最初の睡眠を始め、深夜に起き、
そこで2〜3時間を起きて過ごし、また寝るというもの。

人々は間の時間でお祈りをしたり読書をしたり、
家族やご近所と会ったりしたそうです。

そうして再び睡眠に入ると日の出まで眠ったそう。

その2.人間目覚し時計

18世紀の中頃から1950年代まで続いたノッカー・アップという職業は
早く起きなければいけない人々を起こす仕事でした。

彼らは朝、依頼人の窓を棒や豆鉄砲で叩いて回ったと言います。

もっとも、ノッカー・アップ達を起こしたのが誰だったのかは定かではありません。

その3.男児にドレス?

16世紀から1920年まで4〜8歳の小さな男児には
ドレスを着せることが習慣となっていました。

考えうる理由は服にかかるお金。

ドレスなら成長する身体に対して
買い換える頻度が少なくて済むからです。

それでもこの習慣、金持ちの王族もしていたのです。

写真はロシア皇帝ニコライ2世の息子アレクセイ。
妹達と同じドレスを着ているのがわかります。

その4.チョピン

チョピン、またはゾッコリなどとも呼ばれる靴は
50cmもの高さを持った厚底の靴です。

これを履いた人々はきっと召使いの手が必要だったことでしょう。
さもなければファッションで怪我をする羽目に。

チョピンにはもちろん装飾的な意味もありましたが
何よりも道路の汚泥で服を汚さないためという実用的な目的がありました。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

精神病で自殺した日本画家「石田徹也」作品集を見ると不安になってしまう!

精神病で自殺した日本画家「石田徹也」… 作品集を見ると不安になってしまう…

介護職のリアルな現場は過酷なもの!介護へのリスペクトが浸透しないと国は滅ぶ!

介護職のリアルな現場は過酷なもの…介護へのリスペクトが浸透しないと国は滅ぶ…

馬に顔面を蹴られた女性の悲惨な姿!変わり果てた顔に戦慄が走る!

【閲覧注意】 馬に顔面を蹴られた女性の悲惨な姿… 変わり果てた顔に戦慄が走る…

ミニスカートにピチピチウエアが超セクシー!韓国美人ゴルファー7選!

最近、悩ましいセクシーさで日本の女子ゴルフ界を席巻する韓国の美人ゴルファーたち。 なんでこんなに美しいんでしょ? 今回は、実力と美貌、そしてセクシーさを兼ね備えた7名を紹介します。

美しすぎる恐怖の池「ヤコブの井戸」人を死に誘うあまりの綺麗さに背筋が凍る!

ヤコブの井戸の魅力に取りつかれダイバー9人が命を落としています。 そのため、危険を知らせる看板があまりにも恐ろしいと話題になっています。