驚き

実際に起きた恐ろしい家宅侵入殺人事件5選…犯人は今も野放しだった!

投稿日:

3.ケネディ姉妹

1984年3月5日、イリーン(右)とリリー・ケネディ(左)姉妹の父親は
医者に行くために2人の迎えを待っていました。

なかなか来ないのでヒューストンの自宅に戻ったところ、
2人の無残な姿を発見したのです。

隣人の目撃証言ではちょうど殺害が起こった頃に
不審な男性を目撃して話しかけていました。

彼は恋人に家から追い出されたと話し、
ダブルバッグの中身は彼の道ものだと告げたそうです。

その後、30年間も犯人は捕まりませんでしたが
2015年に急展開を迎えます。

同じくヒューストンに住む60歳のエドモンド・デーガンが
犯人だという情報を得てDNA鑑定の結果、
彼は殺人の罪で逮捕されました。

しかし、わずか数年服役しただけで仮出所する可能性が出てきたため、
ケネディ家の親族は反対運動を行なっています。

4.世田谷一家殺人事件

2000年12月30日、
何者かが世田谷にある宮沢家の侵入して41歳の母親と8歳の娘を刺殺、
6歳の息子を絞殺し他の地に44歳の夫の帰宅を待って刺殺しました。

犯人はそのまま11時間も家に滞在してネットに2回アクセスし、
アイスクリームを食べていたことがわかっています。

朝、その地域で3人の若い男性を乗せたタクシー運転手は
1人は負傷していて座席に血がついていたと証言しています。

ハンカチやスウェットシャツ、
犯人の血液などいくつもの証拠が発見されましたが、
18年経った今でも犯人は捕まっていません。

5.サン一家殺人事件

テキサス州ヒューストン郊外に住むマオイ・サンさんが
連絡もなしに会社を無断欠勤し、不審に思った同僚が自宅を尋ねると
マオイさん、妻のメイさん、2人の息子が頭を撃たれて亡くなっていました。

この捜査にはFBIも加わりましたが捜査に進展はなく、
有力な情報の提供に7万ドルの懸賞金がかけられています。

恐ろしい事件ばかりですね。
家にいるからといって安心はできません。

犯人たちは今も野放しになっています。
一刻も早く逮捕されるよう願います。

 

参照元http://kwsklife.com/

> 前のページへ 

-驚き

執筆者:

関連記事

9.11テロの陰謀説は本当なのか!?絶対に表へ出ない9つの裏の真相がヤバすぎる!

9.11テロは陰謀だった!? 証拠となる「絶対に表へ出ない9つの真相」が怖すぎる…。

日本の心霊スポットで恐いと噂される場所10選!恐ろしすぎる場所ばかりだった!

日本の心霊スポットで恐いと噂される場所10選… 恐ろしすぎる場所ばかりだった…

日本ヤクザの仕事内容!あんな仕事からこんな仕事まで!

日本ヤクザの仕事内容… あんな仕事からこんな仕事まで…

残酷な人間の手によって生み出された可哀想な生物!人間はいかに残酷かを思い知らされる!

残酷な人間の手によって生み出された可哀想な生物… 人間はいかに残酷かを思い知らされる…

耳掃除しなさすぎて急にぶっ倒れた!先生が耳を見た瞬間「うぇ!」って叫んだ!

耳掃除しなさすぎて急にぶっ倒れた… 先生が耳を見た瞬間「うぇ!」って叫んだ…