驚き

実際に起きた恐ろしい家宅侵入殺人事件5選…犯人は今も野放しだった!

投稿日:

実際に起きた恐ろしい家宅侵入殺人事件5選…
犯人は今も野放しだった…

 

実際に起きた恐ろしい家宅侵入殺人事件

家はゆったりくつろげる安息の場所ですが、
突如侵入したものにより危険な場所へと変貌してしまいます。

今回は実際に起きた恐ろしい家宅侵入殺人事件を紹介します。

1.ワイン家とマクレラン家

2008年11月21日、
ペンシルベニア州のフランクリンタウンシップの住宅火災現場で
82歳のノーブル・ワイン氏の遺体が発見されました。

遺体には銃で撃たれた痕跡があり、
火災は殺人を隠蔽するためのものだったと考えられました。

ワイン氏が殺害されてから4ヶ月後、
同じくペンシルベニア州のグリーン群で
マクラレン夫妻が所有するトレーラーハウスに
男が侵入してお金と銃を要求しました。

夫のヤコブさんは首と顔を撃たれましたが、
幸いにも一命を取り留めました。

しかし、妻のベティさんは顔を撃たれて現場で亡くなり、
犯人は未だに捕まっていません。

2.パウロー家の虐殺


1958年6月10日の夜、
ブリティッシュコロンビア州のサウスバンクーバー郊外に住んでいた
パウロー家に何者かが侵入。

この侵入者によってデビッド・パウロは地下室で銃殺、
11歳の娘のドロシーは殴り殺され、
帰宅した妻のヘレンは顔を撃たれた後に全身を殴られていました。

ドロシーの寝室の壁に犯人のものと思われる血の手形が残されていましたが、
結局捕まっていません。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

これは意外!誰も知らなかった「アンパンマンの秘密」キャラクターに秘められた「ある差別」とは!?

誰も気付かなかった「アンパンマン」の秘密… キャラクターに秘められた「ある差別」とは一体!?

洞窟内で発見された10の奇妙なもの!恐ろしいものばかりだった!

洞窟内で発見された10の奇妙なもの… 恐ろしいものばかりだった…

自宅のガレージに無断駐車した車が…!シャッターの鍵掛け一ヶ月閉じ込めた末路!

自宅のガレージに無断駐車の車があった! 出張のためシャッターの鍵かけて一ヶ月閉じ込めた結果…。

オリンピックに潜む5つの闇!選手村は世界で一番ふしだらな場所だった!

平和の祭典といわれるオリンピック。 しかしさまざまな闇が存在します。 今回はそんなオリンピックの闇を紹介します。

別世界の者たちを呼び出す儀式!実際にやってみた結果にゾッとする!

別世界の者たちを呼び出す儀式…実際にやってみた結果にゾッとする…