驚き

19世紀に大人気だったフリークショー…世界に衝撃を与えた人たちの写真が話題に!

投稿日:

19世紀に大人気だったフリークショー…
世界に衝撃を与えた人たちの写真が話題に…

 

19世紀に大人気だったフリークショー

19世紀、フリークショーと呼ばれる見世物が全米で人気を博していました。

身体に奇形のある人々はまるで動物園の動物のように
見世物小屋に陳列されていたのです。

当時、彼らにとっては好奇の目で見つめる
群衆の前に立つことが唯一の生活の糧でした。

奇形があることを自ら売り出し、自立した生活を送る人もいましたが、
子どもたちや精神障害を抱えた人たちは
興行主の思うがままに利用されて生涯を送りました。

現在でも自分たちと違うと他人をジロジロ見る人がいることは確かですが、
幸いにも人間を見世物にする行為は厳しく禁じられています。

今回は実際に展示された人々の10枚の写真を紹介します。

1.エラ・ハーパーさん

エラ・ハーパーさんは生まれ持って膝の関節の奇形を抱えていました。

19世紀末には「ラクダ少女」という芸名で
サーカス団とともに全米ツアーを行なっています。

2.シュリッツさん

シュリッツさんは生まれつき頭蓋骨が極端に小さい小頭症で
70年の生涯を通して3歳児の知能までしか発達しませんでした。

それでもシュリッツさんは全米各地のフリークショーで
名声を博したといわれています。

3.アニー・ジョーンズさん

1865年にアメリカで生まれたアニー・ジョーンズさんは
5歳の時にはヒゲともみあげを蓄えて
ヒゲ少女としてフリークショーで活躍しました。

今までにアニー・ジョーンズさんのような症状を持った女性は
21世紀までに15名ほど報告されています。

4.ヒルトン姉妹

ヒルトン姉妹のデイジーとバイオレットは
腰から下が繋がった結合双生児でした。

1930年代に歌手やダンサーとして活躍しましたが、
興行主に騙されて貧困の中、病気で亡くなっています。

5.ルース・ベリーさん

ルース・ベリーさんは手足が短いアザラシ肢症で生まれ、
「ペンギンガール」や「ミニヨン」と呼ばれていました。

このアザラシ肢症は抗てんかん薬として処方されていた
サリドマイドが原因で妊婦が妊娠初期に摂取することで
1950年代から1960年代に生まれた子供達に影響が出たといわれています。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

ネットから予約をし、あとは店頭で受け取るだけ!こんな恐ろしいことが起こる可能性も!とある投稿者さんがマクドナルドを訪れた時!

ネットから予約をし、あとは店頭で受け取るだけ…こんな恐ろしいことが起こる可能性も…とある投稿者さんがマクドナルドを訪れた時…

「事件が起こりました」というワード!近畿大学の公式Twitterが投稿した本当に事件が発生した衝撃の画像が!

「事件が起こりました」というワード!近畿大学の公式Twitterが投稿した本当に事件が発生した衝撃の画像が…

人間が絶対に立ち入ってはいけない世界に存在する危険な島11選!

人間が絶対に立ち入ってはいけない世界に存在する危険な島11選… 恐ろしすぎて世界が震える…

凄すぎて恐ろしい木の生命力8選!自然の生命力は凄いと話題に!

凄すぎて恐ろしい木の生命力8選…自然の生命力は凄いと話題に…

私「彼氏ができたよ」親友「私も付き合ってる…」の回答⇒私たちは最低男に驚きの復讐してやった!

\♡『いいね』お願いします♡/ 私「彼氏ができたよ」親友「私も付き合ってる…」の回答。 私たちは最低男に驚きの復讐をした結果…。 彼氏が親友とも付き合っていた。 LINEで親友に「彼氏ができたー」と報 …