豆知識

ハンコと印鑑の違い…意外と知られていない雑学が話題に!

投稿日:

ハンコと印鑑の違い…
意外と知られていない雑学が話題に…

 

あなたは普段何気なく使っている
「ハンコ」と「印鑑」の違いをご存知ですか?

このハンコと印鑑は普段同じように使っていますが
実は大きな違いがあるのです。

今回はそんなハンコと印鑑の違いを紹介します。

ハンコと印鑑の違い

ハンコは切り口が円形、楕円形、角形などをしていて
大きさも材質も色々あります。

一般的に判子(ハンコ)と言っているのですが
正式な名称は「印章(いんしょう)」と言います。

ハンコは個人や組織がその当事者であることを証明する印です。
要は書類上などに印影を形成するために使う道具であるということです。

一方、印鑑は捺印をした時に紙や書類などに残る文字や絵を表します。
つまり、印影と呼ばれるものと同じということです。

この印影の中でもある特定の役目を持たせた印影のことを
特別に印鑑と呼び、他の印影と区別したものです。

この特別の印影とは実印や銀行印など、
地方自治体や金融機関にあらかじめ登録している印影のことを指します。

ですので郵便の書留や宅配荷物の受け取りに押した印影のことを印鑑とは言いません。
印鑑をくださいなどは本来は間違いなんです。

しかし、現在では二つを同じ意味で使うことも多く、
同じ意味だと思っている人が少なくありません。

二つの単語の正しい意味を知っておけば
「ここに印鑑を押してください」というような
間違った使い方をしないで済みますよね。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

インスタントコーヒーがたった10秒で、本格淹れたてコーヒーになるスゴ技!

インスタントコーヒーがたった10秒で、本格淹れたてコーヒーになるスゴ技…

新一万円札の顔の渋沢栄一さんって何をされた人?4ページでわかる漫画が凄いと話題に!

新一万円札の顔の渋沢栄一さんって何をされた人? 4ページでわかる漫画が凄いと話題に…

戦前の日本女性たちに流行したモダンガールファッション!今見ても古臭くないと話題に!

戦前の日本女性たちに流行したモダンガールファッション…今見ても古臭くないと話題に…

台風10号がとんでもない威力で通過する恐れがあると注意が!普段とは違う避難に見落としがちな避難グッズを早めにチェックして!

台風10号がとんでもない威力で通過する恐れがあると注意が…普段とは違う避難に見落としがちな避難グッズを早めにチェックして…

目の周りの白いブツブツの正体!自分で対処すると大変なことになる可能性も!

目の周りの白いブツブツの正体… 自分で対処すると大変なことになる可能性も…