豆知識

世界最強の戦闘民族と呼び声の高いグルカ兵…戦闘能力が凄まじかった!

投稿日:

世界最強の戦闘民族と呼び声の高いグルカ兵…
戦闘能力が凄まじかった…

 

グルカ兵とは一般的にネパールのグルカ族出身者で構成される
山岳戦・白兵戦に非常にたけた戦闘集団。

しかし、実際にはグルカ族なる民族は存在せず、
マガール族、グルン族、ライ族、リンブー族などの
複数のネパール山岳民族から構成されています。

その戦闘能力の高さから世界最強の戦闘民族として認知されています。

今回はそんな世界最強と呼び声の高い戦闘民族グルカ兵について紹介します。

グルカ兵とは

由来や歴史について謎の多い湾刀と呼ばれる刀の一種、ククリナイフ。
グルカ兵はこれを武器として使っています。

インドの西ベンガル州にあるグルカ族が住むグルカランド。

元々シッキム王国の一部でしたが、
18世紀初頭、カリンボンはブータンに占領され、
1780年にダージリンの周辺はネパールから来たグルカ族の土地となりました。

インドの独立後、グルカ族はネパール語の公用語化を求めるなどして、西ベンガル州政府と対立し、
1980年代には西ベンガル州からのグルカランド自治州としての分離を要求しました。

1986年にグルカ国民解放戦線(GNLF)による暴動が起きたが、
暴動の後1988年に大幅な自治が認められて
ダージリン・グルカ・ヒル議会が確立されました。

現在は落ち着いていますが、
グルカランドの自治権の拡大を求めるグルカの武装勢力も存在します。

グルカランドの旗を見てみると
グルカの象徴であるククリナイフが描かれています。

世界最強の戦闘民族と呼び声の高いグルカ兵

1944年3月。第二次世界大戦当時のインドはイギリスの植民地でした。

そのインド開放を名目に大日本帝国陸軍はインドへと侵攻。
後に「無理、無茶、無謀」の代名詞となる史上最悪の作戦、
インパール作戦が開始されました。

元より勝算ゼロ、制空権も制海権も無く補給線も確保できない作戦の為に
日本軍10万とインド国民軍4万5千が投入されます。

それでも帝国軍と国民軍は果て無きジャングルを切り開き、
山を越え川を渡りインパールへと肉薄しました。

ここでのグルカ兵の戦果が後に彼らの名を世界に知らしめる事になりました。

日本軍を恐怖のドン底に叩き落とした兵士…
それがグルカ兵です。

殊作戦部隊として投入されたグルカ兵はゲリラ作戦を展開して、
主力であるイギリス軍及びインド軍をサポートする役目を担いました。

最前線のジャングルに展開したグルカ兵は破壊工作を実行。
奇襲や陽動を繰り返し、確実に日本軍を追い詰めていきました。

主力であるイギリス軍が苦戦する中、
唯一戦果を挙げ続けるグルカ兵の名前は日本軍に恐れられました。

実際、グルカ兵の担当区であったビルマ西部における
日本軍の戦死者の大部分はグルカ兵と戦って戦死したものです。

後のイギリス特殊部隊SASの前身となるコマンド部隊なども展開しており、
グルカ兵はSAS等の特殊部隊設立に大きな影響を与えたと言われ、
SASと共に世界最強と認知されてます。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

台所のシンクに熱湯を流すと危険な理由!知らないと大変なことになる可能性が!

台所のシンクに熱湯を流すと危険な理由… 知らないと大変なことになる可能性が…

血液型の知らない事実!血液型で分かる「取ってはいけない栄養」や「性格」など!

日本人は血液型占いが好きですが、 血液型でその人の性格、栄養、病気の傾向も分かかるそうです。 血液型でどういうことが分かるのでしょうか?

家でも簡単に作れる激ウマおつまみ5選!

家でも簡単に作れる厳選したおつまみ5品を紹介します。 ぜひ参考にして、宅飲みを楽しんでみてください。

歴史上で無敵と恐れられた最強武士!一番強いのは誰?

歴史上で無敵と恐れられた最強武士… 一番強いのは誰?

小学生の肛門に貼るぎょう虫検査が廃止!?その本当の理由に驚きを隠せない…

\♡『いいね』お願いします♡/ 小学生になると、色んな検査をさせられるものです。 中でも恥ずかしかったのはぎょう虫検査ではないでしょうか。 そのぎょう虫検査が廃止されていたというのです。 小学生の頃に …