豆知識

日本とアメリカのADHD(発達障害)の違い…なぜ日本では誤解されがちの環境なのか?

投稿日:

日本とアメリカのADHD(発達障害)の違い…
なぜ日本では誤解されがちの環境なのか?

 

ADHD(発達障害)とは


不注意(集中力がない)、多動性(じっとしていられない)、衝動性(考えずに行動してしまう)の
3つの症状がみられる発達障害のことです。

年齢や発達に不釣り合いな行動が仕事や学業、
日常のコミュニケーションに支障をきたすことがあります。

人口調査によると、子どもの20人に1人、
成人の40人に1人にADHDが生じることが示されています。

以前は男性(男の子)に多いと言われていましたが、
現在ではADHDの男女比は同程度に近づいていると報告されています。

そんなADHDですが、
日本では何かと誤解されがちな環境になっていることが
残念でなりません・・

しかし、アメリカでは扱いが随分違います。

日本とアメリカのADHD(発達障害)の違いを
イラストで描いたツイートが話題になっています。

日本とアメリカのADHD(発達障害)の違い

アメリカと日本のADHD。

引用:https://twitter.com/AHL_78asuP/status/85254558212816896

最後の「自分」が感じる結果に驚きます。

同じ症状なのに周りの環境がもたらす影響は大きいですね。
もっとADHDに関しての理解が深まるように願ってなりません。

ネットでの反応

・結局、協調性を重んじる日本と個人性を重んじるアメリカ、
この文化の差だと思いますね。
でもADHDの薬と言うのは聞いたこと無いですね。
先天的な病気故にそのようなものは存在しないと思ってたのですが…。

・私自身ADHDですが、絵にかいてあるような症状が実際になっています。
このイラストを通じてADHDの理解をいろんな人に知ってほしいです!

・ほんとだわ。
日本の教育は規格化された人材作りのためなので、
規格外は全て不良品扱いですね。

・ワイもADHD(多動性)やけど、
親は海外のやり方でやってくれたから、ある意味助かってる。

などの声が寄せられました。

 

参照元http://kwsklife.com/

-豆知識

執筆者:

関連記事

紫外線も強くなり日焼け止めが手放せない時期に突入!とある男性が日焼け止めの効果を比較した写真が話題に!

紫外線も強くなり日焼け止めが手放せない時期に突入…とある男性が日焼け止めの効果を比較した写真が話題に…

子供が鼻くそを食べる理由!実は身体にさまざまな悪影響を及ぼすものだった!

子供が鼻くそを食べる理由… 実は身体にさまざまな悪影響を及ぼすものだった…

間も無く本格的な夏到来!気になるのが電気代ですが、熱中症になっては大変!家電屋さんが教える「エアコンの心得」が話題に!

間も無く本格的な夏到来…気になるのが電気代ですが、熱中症になっては大変…家電屋さんが教える「エアコンの心得」が話題に…

あなた『性欲度数』はどれくらい?心理テストで『変態レベル』が明らかに!

あなた『性欲度数』はどれくらい? 心理テストで『変態レベル』が明らかに!

会社に送られてきた荷物の緩衝材の再利用方法!ナイスアイディアだと話題に!

会社に送られてきた荷物の緩衝材の再利用方法… ナイスアイディアだと話題に…