驚き

世界10カ国の刑務所の最悪な生活実態!裏事情がエグいと話題に!

投稿日:

世界10カ国の刑務所の最悪な生活実態…
裏事情がエグいと話題に…

 

世界10カ国の刑務所の最悪な生活実態

重大な犯罪を犯したものが収容される刑務所ですが、
メディアの取材などで報道される以外に
私たちが実態を知る機会はなかなかありませんよね。

今回は世界10カ国の刑務所の生活実態を紹介します。

1.バンクアイ刑務所(タイ)

タイで最もセキュリティが高いと言われているのが、
この「バンクアイ刑務所」です。

入所して3ヶ月間は足枷をはめられ、食事は1日1食のみ、
トイレなどにはドアもないためにプライバシーなど一切ありません。

また施設の広さに対して収容する人数が多すぎるために
いろんな病気にかかる受刑者が多いのだそう。

2.サンテ刑務所(フランス)

フランスのパリにある「サンテ刑務所」は
受刑者の自殺率が最も高いことで有名です。

また刑務所内では強盗などの犯罪や
看守による非人道的な暴力なども日常的に行われていたため、
医師として勤務していた女性が暴露本を出版したことでも有名になりました。

3.ADXフォローレンス・スーパーマックス刑務所(アメリカ)

アメリカの「ADXフォローレンス・スーパーマックス刑務所」には
アメリカでも1番とも言われる凶悪犯たちが収容されています。

身動きがやっとできるほどの狭い空間で1日のうち23時間を過ごし、
看守による酷い対応も加わって、自殺する受刑者も多いのだそう。

4.サバネタ刑務所(ベネズエラ)

ベネズエラの「サバネタ刑務所」は
ギャングによって運営されていると言っても過言ではないほどで
刑務所内では抗争や暴動が後を絶たず、殺人なども行われています。

また収容人数が多いために不衛生で病気になったり
食事の量が少ないために、殺人までに発展することもあるそうです。

5.ナイロビ刑務所(ケニア)

ケニアの「ナイロビ刑務所」は
収容人数が世界で最も多いと言われる刑務所の1つで
寝るときは画像のようなすし詰め状態のため、
就寝中に窒息死するものも‥。

衛生面ももちろん最悪で病気で亡くなる人も多いそうですが、
この刑務所での最も多い死因は看守による虐待です。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

農具屋さんに売られたガム!店員さんが「よく死にますよ!」なかなか衝撃的なその用途に驚き!

農具屋さんに売られたガム…店員さんが「よく死にますよ!」なかなか衝撃的なその用途に驚き…

コロナの影響で、マレーシアでは2ヶ月間休業したデパートがようやく再開!すると思いもよらぬ事態が起こっていた!

コロナの影響で、マレーシアでは2ヶ月間休業したデパートがようやく再開…すると思いもよらぬ事態が起こっていた…

月曜から夜ふかしに批判殺到!一般人の家庭を崩壊寸前まで追い込んでしまう!

月曜から夜ふかしに批判殺到… 一般人の家庭を崩壊寸前まで追い込んでしまう…

愛子さま「激やせからの15キロ増」に心配の声!急激なリバウンドでハゲてしまう…。

「激ヤセしすぎ!」と心配されていた愛子さま。 今度は15キロ増でリバウンド… 急激な体重の変化のせいかハゲてしまった衝撃な画像が公開されました…。

超危険人物とされたハッカー達!これを見ると怖くてPCを開けなくなる!

超危険人物とされたハッカー達…これを見ると怖くてPCを開けなくなる…