豆知識

江戸時代にたくましい一人の男が突然妊娠した!社会的制裁の恐ろしさが話題に!

投稿日:

江戸時代にたくましい一人の男が突然妊娠した…
社会的制裁の恐ろしさが話題に…

 


曲亭馬琴(きょくていばきん)は
江戸時代後期に活躍した日本最初のベストセラー作家といわれています。

代表作には『椿説弓張月』や『南総里見八犬伝』などがありますが、
その中から『兎園小説余録』という悲しい物語を紹介します。

兎園小説余録とは

「兎園会」は1826年に会が断絶しましたが、
それでも曲亭馬琴は異聞を集め続けて『兎園小説余録』を執筆しました。

そしてこの『兎園小説余録』には骨太でがっしりとした男がある日、
突然出産したという驚愕の内容が描かれているのです。

28歳前後の吉五郎

当時28歳前後の吉五郎は当時江戸麹町13丁目にあったという
人気の蕎麦屋で働いていました。

吉五郎は背中に金太郎の彫り物を入れ、
手や足にも彫り物を入れていた屈強の男で
その迫力は凄まじいものがあったと記されています。

ところが、いつのまにか巷では
この吉五郎が「偽男子」という噂に。

それは夏でも腰掛けをして頑なに胸を見せようとしない
吉五郎の姿を怪しく思った町人の仕業でした。

吉五郎はもともと新宿四谷にある客を
遊女宿に紹介する茶屋で働いていましたが、
蕎麦屋で働くようになってからも他の男性に引けを取らない働きぶりでした。

吉五郎は、噂に興味を持った四谷の博打打ちの男に
無理やり襲われてしまったのです。

それから数ヶ月後、蕎麦屋の主人はありえない光景を目にしたのです。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

携帯を水没させてしまった時の復活方法!アメリカでは常識の方法だった!

携帯を水没させてしまった時の復活方法…アメリカでは常識の方法だった…

セックスボランティアの仕事!障害者の性処理は介護なのか風俗なのか?

セックスボランティアの仕事… 障害者の性処理は介護なのか風俗なのか?

誤って捨てられた驚くほど高価なモノ6選!ドンマイすぎると話題に!

誤って捨てられた驚くほど高価なモノ6選… ドンマイすぎると話題に…

新生児のベッドに飾られた紫色の蝶々のステッカーの意味…日本の病院でも導入して欲しいと話題に!

新生児のベッドに飾られた紫色の蝶々のステッカーの意味… 日本の病院でも導入して欲しいと話題に…

意外にできていない人が多すぎるという交通ルール!全員が正しい認識をしていないと事故に繋がる可能性も!

意外にできていない人が多すぎるという交通ルール…全員が正しい認識をしていないと事故に繋がる可能性も…