驚き

犬肉農場から救出された犬!怯えていた犬が人間の愛に触れたとき!

投稿日:

犬肉農場から救出された犬…
怯えていた犬が人間の愛に触れたとき…

 


皆さんは犬肉農場は知っていますか。
日本ではそのような農場はもちろんありません。

ですが、韓国には犬の肉を提供する飲食店があるのです。

あまりにも信じがたいその行いに国際動物保護団体は犬肉農場を閉鎖し、
そこに飼育されている犬を保護しようと行動に出ます。

犬たちは狭い金属製のケージの中にいました。
合計130匹の犬と2匹の子猫が飼育されており
皆が驚くほどひどい状態でした。

そしてその農場から助け出された1匹の犬、
マスティフの「ミンス」の物語をご紹介します。

犬肉農場から救出された犬

韓国の法律では犬の肉を食用として流通することは禁止されています。

ですが、その法律をもってしても犬肉を使用する飲食店がありました。

食用として飼育される犬たちを救おうと
各国の団体から救済活動が行われていました。

世界からの批判やムン・ジェイン大統領からの方針によって
犬肉農場を経営する人の考えが変化して来ています。

本心ではこんな仕事はしたくないと主張する従業員もいたようです。

国際動物保護団体
「ヒューメイン・ソサイエティー・インターナショナル(HSI)」が
今回、救出活動しようとした場所は韓国の北西部、
イェサングンにある犬肉農場でした。

そこにいた犬たちは金属製でできているケージに閉じ込められている状態で
寒い日には凍結した金属の上で寝ていたようです。

暖かい毛布などもなく、
ただケージの中だけで生活する毎日でした。

そんな環境で飼育されて
どれだけ傷ついてきたか想像するだけで胸が痛みます。

HSIは5月から犬肉農場のオーナーと連絡を取り始めました。

HSIは犬肉農場の犬を保護することはもちろんですが、
その後のオーナーに対して新しいキャリアをスタートさせる
サポートも行っています。

今回のオーナーは作物を栽培し農業を始めようということになりました。

それと同時に130匹の犬と2匹の子猫が
無事にアメリカに移送して保護されました。

その中にはマスティフ系の大型犬「ミンス」が
たくさんあるケージの中で横たわっていました。

ですがよく見ると彼の前足はHSIのスタッフたちが
驚くほど変形している状態でした。

変形の原因は遺伝子によるものだろうと思われましたが、
この酷い状態のケージの中にいたことで
さらに悪化させたのだと確信しました。

ミンスは十分に食事を与えられず、
寒いケージ内で毛布もない生活を過ごしていたのです。

そんな状態で無ければ前足がここまで変形することはなかったでしょう。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

JK娘の1ヶ月間の夏休みが終わり新学期でお弁当が再開!身の毛のよだつお弁当にまつわるエピソード!

JK娘の1ヶ月間の夏休みが終わり新学期でお弁当が再開…身の毛のよだつお弁当にまつわるエピソード…

コロナの影響で経済が悪化!ローソン行ったらレジで恐怖の手紙みたいなの袋に入れられてた!

コロナの影響で経済が悪化…ローソン行ったらレジで恐怖の手紙みたいなの袋に入れられてた…

ファミマの入店音をB’z風にアレンジしたらこうなった ⇒ タイトルも完成度もサイコーとTwitter上で大反響!

ファミマの入店音をB’z風にアレンジしたらこうなった 。 タイトルも完成度もサイコーとTwitter上で大反響!

天然にも程がある!思わずツッコミを入れたくなる天然な友人エピソード6選

\News BFC に『いいね』お願いします/ 天然の友人の面白すぎるエピソードをご紹介します! 周りにひとりはいる天然キャラ① 「天然な人」と言うのは面白いものです。 発想や考え方、行動がぶっ飛びす …

人間が絶対に立ち入ってはいけない世界に存在する危険な島11選!

人間が絶対に立ち入ってはいけない世界に存在する危険な島11選… 恐ろしすぎて世界が震える…