体験談

被害者の遺族からも「死刑をやめて」と言われる愛される死刑囚の素顔!

投稿日:

被害者の遺族からも「死刑をやめて」と言われる
愛される死刑囚の素顔…

 


宮崎刑務所の面会室でこう語ったのは

「”あの時”に時間を戻せたらいいのにということはいつも思います。
ただ、もしも”あの時”に戻れるとしても今の自分で戻りたいです。
自分まで当時の自分に戻ったら、
また同じことを繰り返してしまいそうだからです」

2010年に宮崎地裁の裁判員裁判によって『死刑判決』を受け、
この当時最高裁に上告をしている途中だった奥本章寛27歳でした。

奥本が口にした『あの時』というのは
自分の手で家族3人の命を奪った時のことです・・・

「宮崎家族3人殺害事件」について

2010年3月1日の早朝5時のことだった。

奥本は宮崎市にある自宅で
生後5か月の長男を浴槽の水に沈めて溺死させ、
24歳の妻と50歳の義母をハンマーで撲殺しました。

そしてそのままいつも通り会社に出勤をして、
夜9時ごろになり自宅近くにある
会社の資材置き場に長男の遺体を埋めた。

そして第一発見者を装って警察に通報したのだが、
その犯行はすぐにバレてしまい奥本は逮捕されたのだった。

裁判ではすでに『死刑判決』が下されており確定となって
現在は福岡拘置所に収容されています。

さて、この事件の概略だけを聞いていると
奥本が死刑になるのは当然だという印象を持つ人がほとんどでしょう。

しかし、奥本は多くの人から愛されている存在であり、
死刑ではなく『生きて償う事』を望まれている死刑囚なのです。

裁判中には奥本の支援者たちが集めた
原型の嘆願書が6000筆を超えており、
さらには『被害者の遺族』までもが最高裁に対して
裁判のやり直しを求める上告所を提出しています。

なぜ奥本がここまで多くの人に支援されているのか?

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

父が有馬記念で100万当てた結果!家族のグループLINEが過去最高レベルで盛り上がる!

父が有馬記念で100万当てた結果… 家族のグループLINEが過去最高レベルで盛り上がる…

【涙腺崩壊】俺がガキの頃にした口約束をずっと覚えていてくれたおばちゃんに涙が止まらない…。

俺がガキの頃にした口約束をずっと覚えていてくれたおばちゃんに涙が止まらない…。

回転寿司のレーンにイタズラしてる子供!親が何も言わないので子供の顔を見ると!

回転寿司のレーンにイタズラしてる子供… 親が何も言わないので子供の顔を見ると…

無断欠勤を続ける同期Aの自宅に行ってみた。⇨自宅の様子を見た瞬間、嫌な予感で吐き気がした⇨結果ヤバい事態に遭遇した…

無断欠勤を続ける。 同期Aの自宅に行ってみた。⇨自宅の様子を見た瞬間、 嫌な予感で吐き気がした⇨結果ヤバい事態に遭遇した…。

中絶の後「命だったカケラ」が処理されるまで!命を授かるという事を改めて考えさせられる!

中絶の後「命だったカケラ」が処理されるまで… 命を授かるという事を改めて考えさせられる…