豆知識

ハプニングバーの元店員が語った内情!あまり知られていない衝撃の事実が話題に!

投稿日:

ハプニングバーの元店員が語った内情…
あまり知られていない衝撃の事実が話題に…

 


「ハプニングバー」をご存知ですか?

性的にいろいろな趣味を持った男女が集まり
客同士で突発的行為(乱交など)を楽しむ、
バーの体裁をとった日本の風俗といったお店の形態です。

少し興味はあるけど行ったことがない!という人が
大半なのではないでしょうか。

性的なイメージが強いハプニンングバーですが、
実際はどんなことが行われているのでしょうか?

今回はそんなハプニンングバーの内情を紹介します。

ハプニングバーの元店員が語った内情

今回ハプニングバーの内情を話してくれたのは
元店員の女性A子さん(仮名)。

A子さんは20歳くらいの頃から約1年ほど、
ハプニンングバーで働いていたそうです。

A子さんがハプニングバーを辞めた理由は
何か嫌なことでもあったのかと思いきや、

「お客さん同士は性的なことができるけど
スタッフはできないから」

といった理由でした。

A子さんの仕事内容は新規受付だったそう。

ピンポンが鳴って初めて来客したお客さんに登録用紙に記録してもらい、
身分証書などを確認する作業。

内容に同意してもらったら、
入店できるという仕組みだそうです。

ハプニングバーでの料金はだいたい1万円から2万円くらい。
A子さんが働いていたところで1万6千円だったそうです。

この金額には飲み放題も含まれているとのこと。

店内にはカウンター席やボックス席があり、
簡易的な仕切りがある程度。

そこでお酒を飲んでいい心地になったところで
異性と性的な行為に及ぶそうで
店によってはジャンルによって分けられているところも。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

日本人特有の闇を感じる休日あるある!これわかると話題に!

日本人特有の闇を感じる休日あるある… これわかると話題に…

「優先席に座って携帯触ってるくらいなら席譲りなさいよ」おばさんがお姉さんに叫び、お姉さんが泣き出した!その理由を知って今の日本の現状に情けなくなる!

「優先席に座って携帯触ってるくらいなら席譲りなさいよ」 おばさんがお姉さんに叫び、お姉さんが泣き出した… その理由を知って今の日本の現状に情けなくなる…

「時間は残酷ではない」一枚の写真が理想的な歳の取り方だと話題に!

「時間は残酷ではない」 一枚の写真が理想的な歳の取り方だと話題に…

日本最後の遊郭「飛田新地」の暗黙のルール!もし知らずにやってしまうと!

飛田新地は大正時代からある遊郭。 今でも昔と変わらない雰囲気を醸し出しており、男性客を魅了し続けています。 今回はそんな飛田新地の暗黙のルールを紹介します。

車のエンジン回転数って見る必要あるのか?タコメーターレス車が多い理由!

車のエンジン回転数って見る必要あるのか? タコメーターレス車が多い理由…