豆知識

あまり知られていない花魁の一日のスケジュール!超絶ブラックだったと話題に!

投稿日:

あまり知られていない花魁の一日のスケジュール…
超絶ブラックだったと話題に…

 


江戸時代、吉原といえば男衆はもちろんのこと、
皆の憧れる夢の国でした。

今回はあまり知られていない花魁の一日を紹介します。

花魁の一日のスケジュール

花魁はお泊まりのお客を起こすところから一日が始まります。

お客は大抵仕事を持っているので
朝早くから勤めに出かけます。

となると6時前には起きて
お客を送り出さなければなりません。

早い時は4時頃には起きています。

6時頃に吉原の唯一の出入り口、大門の木戸が開き、
「またいらしてね、約束よ」と
後朝の別れ(きぬぎぬのわかれ)で見送ります。

その後、仮眠を取ります。

下級遊女は大部屋で雑魚寝ですが、
花魁は個室を持っています。

午前10時頃には起きて、
自室に食事を運ばせ、遅めの朝食をとります。

吉原の風呂屋は正午には閉まるので
その前に入浴します。

営業時間は昼の部(昼見世)と夜の部(夜見世)に分かれています。

正午から昼見世が始まり、
下級遊女たちは格子の中に座って、
お客の指名を待ちます。

花魁クラスはまだ出番ではありません。

お風呂から上がると化粧と着付けの時間です。
下地から塗りはじめてゆうに2時間はかかったと言います。

一般庶民の女性も花魁のように
美しくなりたいと化粧を真似ていたようです。

14時頃には化粧と着付けが終わり、
昼食をとります。

いかに他の遊女より目立って美しく見せるかを常に研究しており、
遊女のトップである花魁のファッションや髪型は最先端でした。

この後、花魁道中までしばらく時間があるので
馴染みのお客に手紙を書いたり、
ときにはおねだりの手紙を書きます。

お客からの手紙が届くのもこの時間が多いのです。

また、お付きの妹分の教育もあるので
結構やることがいっぱいあるそうです。

16時頃に昼見世終了、夜見世まで休み時間です。

日が沈む頃、部屋に引手茶屋から呼び出しがあれば
お抱えスタッフ一同で花魁道中に繰り出します。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

財布を紛失した時にある物を入れるだけで戻ってくる率が格段に上がる!

誰しも、1度ぐらいは財布をなくした経験があるかと思います。 落とした財布が戻ってくる確率は3割程度だと統計がでていますが、 ある物を入れておくと約90%の確立で戻ってくるようです!

部屋が汚い人は綺麗な人より心が美しい?その理由に共感の声続々!

部屋が汚い人は綺麗な人より心が美しい? その理由に共感の声続々…

ツバメの巣を勝手に壊してはいけない理由!実は巣を壊す行為は違法だった!

ツバメの巣を勝手に壊してはいけない理由… 実は巣を壊す行為は違法だった…

ありがとうの反対語!その答えが心に刺さると話題に!

ありがとうの反対語… その答えが心に刺さると話題に…

洗濯の時に柔軟剤を使わないほうが良い5つの理由!なぜ洗濯時に注意が必要なのか!

洗濯の時に柔軟剤を使わないほうが良い5つの理由… なぜ洗濯時に注意が必要なのか…