豆知識

独自の手法でカジノを荒らした5人のプレイヤー!不正せずに出禁なのがカッコイイと話題に!

投稿日:

独自の手法でカジノを荒らした5人のプレイヤー…
不正せずに出禁なのがカッコイイと話題に…

 

独自の手法でカジノを荒らした5人のプレイヤー

日本でも観光客を集めるためにカジノ法案が成立しました。

カジノといえば一攫千金も夢ではない印象ですが、
しかし、カジノの仕組みをよく理解しているだけでなく、
果敢に挑戦してギャンブルで成功する人々は
常にいましたし、現在もいて存在し続けます。

その方法は、知能、経験、単なる運、
または露骨な詐欺、それぞれ様々です。

しかし、共通点が1つあります。
彼らはカジノのゲームで勝つことが出来るのです。

今回はカジノを荒らした5人の有名なプレイヤーを紹介します。

1.ゴンサロ・ガルシア・ペラジョ

スペイン人のゴンサロ・ガルシア・ペラジョは
レコード製作の仕事をしていましたがうまくいかず、
カジノのルーレットのゲームに全エネルギーを注ぎ始めました。

そして、世界で初めて数百万ドルを稼ぎ出したのです。
これは単なる運ではありません。

ゴンサロはルーレットの傾斜が均一でないなら、
いくつかの一定のいくつかの数字ばかりをだすという
独自の理論を持っていたのです。

そしてスペインのカジノを全て回ってデーターをとり、
コンピュータープログラムを利用してどのカジノでも
15%の確率で一定の数字が繰り返されていることを解明したのです。

その結果、スペイン最大のカジノは彼と彼の親戚を出禁にしています。

2.キース・タフト

キース・タフトはカジノで勝つコンピューターシステムの開発に
30年もの年月を注いできたコンピューターの天才です。

1970年、彼は息子と共にベルトに取り付けられる
カード計算のコンピューター「ジョージ」を作りましたが、
まだまだ改善が必要で1976年に改良型の「デイビット」を開発しました。

デイビットはわずか1週間で4万ドルを稼ぎ出したため、
キース・タフト親子は希望者に1万ドルで販売を始めました。

1977年に息子が逮捕されましたが、
誰もその装置がどのように動いているか理解できなかったため、
釈放されています。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

北関東にあった信じられない風習!男性にとって最高の風習だった!

北関東にあった信じられない風習… 男性にとって最高の風習だった…

1928年のサラリーマンの1日!ホワイト過ぎて憧れると話題に!

1928年のサラリーマンの1日、ホワイト過ぎて憧れると話題に…

本当にめったに見ることの出来ない珍しい手相10選!⇒1つでもあればかなりスゴい!

\News BFC に『いいね』お願いします/ めったに見ることの出来ない珍しい手相10選をご紹介します! 今すぐチェック!1つでもあればかなりスゴいと話題。 珍しい手相① 世の中には様々な占いが溢れ …

「ラーメンネギ抜きで」するとネギ大盛りラーメンが!お金を置いて店を出ようとしたら!

「ラーメンネギ抜きで」するとネギ大盛りラーメンが… お金を置いて店を出ようとしたら…

世界的なブランドにまつわる陰謀論5選!スタバの旧ロゴを逆さにすると!

世界的なブランドにまつわる陰謀論5選… スタバの旧ロゴを逆さにすると…