体験談

毎日卵を10個食べ続けた男性の身体の変化!卵は1日1個まではウソ!?

投稿日:

毎日卵を10個食べ続けた男性の身体の変化…
卵は1日1個まではウソ!?

 


仕事に追われる日々で
食事は時間に余裕が出来た時にとるのがやっとだったある男性は
ついにちゃんとした食事は1日1回になってしまったとか。

それ以外は手元にあるお菓子・ジャンクフードを口にする生活で
最近はビンゴ大会でもらった大量のうまい棒ばかり食べていたそうです。

こんな生活を続けていたら絶対にヤバい・・・
そう思った男性はある食材を食べることを思いつきました。

それは卵。

“完全栄養食”と言われる卵には
人間が必要な栄養素が多く含まれているので
絶対に身体にとっていいはず!

しかし「卵は1日1個まで」と言われていたこともあり、何個食べるべきか悩ましく思ったそうですが、ちょっと調べてみればこれはウソだったとわかりました。

鶏卵1個の中に含まれるコレステロールは210mgもあり、
摂り過ぎには注意だとされてきました。

厚生労働省が2010年に発表していたコレステロール摂取の目標量は
成人男性は1日750mg未満、成人女性は1日600mg未満でした。

ところが、2015年には
コレステロールの摂取基準(目標量)はなくなっています。

人間にとってコレステロールは必要なものであり、
肝臓で合成しているのです。
(体重50kgの人で1日当たり600~650mg)

そして食事で摂取するコレステロールのうち吸収されるのは少なく、
仮に多くを食事から摂ったとしても
肝臓で合成される分が減って調整されるのだそうです。

卵の摂取量と心疾患などの関連性は
認められないと研究結果が出ているのです。

これで安心した男性は毎日10個の卵を食べることに。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

中学の同窓会に行った私!私をいじめていた女子の末路を知り!

中学の同窓会に行った私… 私をいじめていた女子の末路を知り…

寝転ぶだけで子供がマッサージしてくれるTシャツ…まさにwin-winだと話題に!

寝転ぶだけで子供がマッサージしてくれるTシャツ… まさにwin-winだと話題に…

妹が欲しいなんて言うんじゃなかった!出産とともに亡くなったお母さんへの手紙!

妹が欲しいなんて言うんじゃなかった…出産とともに亡くなったお母さんへの手紙…

デパートで買った枕があまりにも熟睡できるので気になってハサミで枕を開けると!

今回紹介するのはある一人の女性のお話です。 肩こりが酷かったので枕を買い替えた女性。 するとよく眠れて寝すぎるほどに。 なにかおかしいと思った女性は枕の中身を確認するのですが・・・

「独り身だと人生の最期寂しいわよ」親戚にそう言われた看護師の姉が放った一言が考えさせられる!

「独り身だと人生の最期寂しいわよ」 親戚にそう言われた看護師の姉が放った一言が考えさせられる…