体験談

失明し妻の笑顔が消えた!その後、20年間急に夫が土を掘りだした!20年後妻は泣き崩れた!

投稿日:

失明し妻の笑顔が消えた…
その後、20年間急に夫が土を掘りだした…20年後妻は泣き崩れた…

 


宮崎県児湯郡新富町。

この住所だけでピンと来た方は
かなり観光地を訪れている旅行マスターでしょう。

普通の一軒の個人宅の住所なのですが、
毎年春になると新聞やテレビで紹介され、
全国各地から観光客が訪れる観光スポットとなっています。

一軒家に住むのはこの家の主人、黒木敏幸さん(86)と
笑顔が素敵な妻の靖子さん(76)の2人。

観光客がこの家を訪れる目的は4月になると
この家一面に咲き誇るシバザクラを見るためです。

家の周りを囲むように色鮮やかな濃いピンクのシバザクラが
一面に広がる光景は圧巻です。

なんと庭の維持管理は全て家の主人である
黒木敏幸さんが行っているのです。

笑顔が素敵な妻の靖子さん靖子さんですが、
実はこんなにも美しい庭を一度も見た事がありません・・。

靖子さんは52歳の時に失明し、光を失ってしまったのです。
しかし、これが全ての始まりだったのです。

失明し妻の笑顔が消えた

昭和31年(1956年)お見合い結婚した黒木夫妻。
畑作で収入をたてていましたが、生活は苦しいものでした。

しかし、明るい靖子さんのおかげで
苦しいながらも笑顔が絶えない家庭だったそうです。

そして3人の子供にも恵まれました。

時代の流れで乳製品の需要が高まり、
黒木夫妻は畑作から酪農へと仕事を変えました。
家族だけで酪農を営むのはかなり大変な事ですよね。

1日の仕事の始まりは朝2時。
掃除、餌やり、乳搾り、飼料作りなど、
365日1日も休みなどありません。

それでも靖子さんは文句1つ言わず働いていました。

休む事なく働き続けた結果、酪農は大きくなり、
3人の子供たちも巣立っていきました。

結婚30年目を迎えた黒木夫妻の夢は「日本一周旅行」。

今まで働きづめでどこにも行けなかったので
仕事を辞めたら旅行をしようと2人で少しずつお金を貯めていたのです。

旅行は、愚痴も言わずついてきてくれた
妻の靖子さんへの感謝の気持ちでもあったのです。

しかし、運命は残酷なものです・・・。

ある日、目に違和感を覚えた靖子さん。
すぐに眼科へ行きましたが原因不明。
しかし、それから1週間で靖子さんは失明してしまったのです。

その後原因は糖尿病の合併症によるものだとわかりましたが、
52歳という若さで失明してしまった靖子さん。

それから笑顔が減り、おしゃべり好きだった靖子さんは
口数が少なくなっていきました。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

彼女と夜行バスに乗った…消灯直後→彼女「もう無理。痛いよ!」彼女の方を見ると!

彼女と夜行バスに乗った。消灯直後→彼女「もう無理。痛いよ…」彼女の方を見ると…

ある日、「ガソリンを入れてくる」と家を出た奥さん!その後の奥さんの行動に旦那さんは言葉を失うことに!

ある日、「ガソリンを入れてくる」と家を出た奥さん…その後の奥さんの行動に旦那さんは言葉を失うことに…

妻「今から会えるかな?」LINEに大喜びで会社を飛び出す夫!直後に訪れた悲しい結末とは!

妻「今から会えるかな?」LINEに大喜びで会社を飛び出す夫… 直後に訪れた悲しい結末とは…

お店で注文したものと別のものがきたらショック!とある投稿者さんのマクドナルドでのエピソードが話題に!

DSC_1185 お店で注文したものと別のものがきたらショック…とある投稿者さんのマクドナルドでのエピソードが話題に…

バーベキューのノリが苦手な、とある男性はいつも「宗教上の理由で…」と断っていた!地元のヤンキーに対しても同じように伝えたところ予想外の展開が!

バーベキューのノリが苦手な、とある男性はいつも「宗教上の理由で…」と断っていた…地元のヤンキーに対しても同じように伝えたところ予想外の展開が…