驚き

自らの意思で核爆発実験の真下に立った5人の兵士たち!改めて核兵器の恐ろしさを思い知らされる!

投稿日:

自らの意思で核爆発実験の真下に立った5人の兵士たち…
改めて核兵器の恐ろしさを思い知らされる…

 

核爆発実験の真下に立った5人の兵士たち

1975年7月19日、ネバダ核実験場ではF-89戦闘機が
核弾頭を搭載したミサイルを放ちました。

ミサイルは上空5600kmで爆発して爆風を引き越しましたが、
この真下に5人の兵士が意図的に立っていたのです。

このような危険な実験の現場に立つなど信じられない行為ですが、
志願したのは大佐2名、少佐2名、准尉1名で
唯一志願していなかったのはこの様子を撮影していた
カメラマンのジョージ・ヨシタケさんただ1人でした。

この実験は敵の核兵器を核兵器で迎撃することで
放射性物質の拡散を恐れる国民の不安を
払拭するために行われたといわれています。

5人の兵士たちのその後

実験に立ち会った5人のその後は

シドニー・ブルース大佐→2005年没(享年86歳)
フランク・P・ボール中佐→2003年没 (享年83歳)
ノーマン・ボディンジャー少佐→不明
ジョン・ヒューイズ少佐→1990年没 (享年71歳)
ドン・ルトレル准尉→1987年没 (享年63歳)

日系カメラマンのジョージ・ヨシタケさんは
2010年の段階では82歳で存命でした。

核実験で被爆しているはずなのに
長生きしていると思うかもしれませんが、
彼らの実験で使用されたのは小規模な核爆弾でした。

さらに安全な場所で爆弾は彼らの頭上で爆発しているので
放射能に間近で晒されるような状況ではありませんでした。

そして降下してくる放射線物質を
吸い込まずに済むほどの距離もありました。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

今までに見つかったデカすぎる恐怖のヘビ7選!デカすぎて衝撃を受けるレベルだった!

今までに見つかったデカイ恐怖のヘビ7選… デカすぎて衝撃を受けるレベルだった…

磯野家に訪問した結果!磯野家の間取りをカツオ目線で体験できる動画がスゴい!とにかく見て!

磯野家の間取りをカツオ目線で体験できる動画がスゴい!とにかく見て!

結婚式当日に新郎が来なかった理由!衝撃の実話がエグすぎる!

結婚式に旦那になる人が来なかった。 原因はとんでもない理由だった・・・

富山県にある害獣・害虫駆除会社のオオスズメバチ駆除動画がスゴいと話題!

怖いオオスズメバチが簡単に捕獲できちゃう! ネットでスゴい話と題になっている富山県の害虫駆除会社が投稿した作業の動画を大公開!

健康体で元気でも突然死はいきなりやってくる!その原因が恐ろしいと話題に!

健康体で元気でも突然死はいきなりやってくる… その原因が恐ろしいと話題に…