驚き

自らの意思で核爆発実験の真下に立った5人の兵士たち!改めて核兵器の恐ろしさを思い知らされる!

投稿日:

自らの意思で核爆発実験の真下に立った5人の兵士たち…
改めて核兵器の恐ろしさを思い知らされる…

 

核爆発実験の真下に立った5人の兵士たち

1975年7月19日、ネバダ核実験場ではF-89戦闘機が
核弾頭を搭載したミサイルを放ちました。

ミサイルは上空5600kmで爆発して爆風を引き越しましたが、
この真下に5人の兵士が意図的に立っていたのです。

このような危険な実験の現場に立つなど信じられない行為ですが、
志願したのは大佐2名、少佐2名、准尉1名で
唯一志願していなかったのはこの様子を撮影していた
カメラマンのジョージ・ヨシタケさんただ1人でした。

この実験は敵の核兵器を核兵器で迎撃することで
放射性物質の拡散を恐れる国民の不安を
払拭するために行われたといわれています。

5人の兵士たちのその後

実験に立ち会った5人のその後は

シドニー・ブルース大佐→2005年没(享年86歳)
フランク・P・ボール中佐→2003年没 (享年83歳)
ノーマン・ボディンジャー少佐→不明
ジョン・ヒューイズ少佐→1990年没 (享年71歳)
ドン・ルトレル准尉→1987年没 (享年63歳)

日系カメラマンのジョージ・ヨシタケさんは
2010年の段階では82歳で存命でした。

核実験で被爆しているはずなのに
長生きしていると思うかもしれませんが、
彼らの実験で使用されたのは小規模な核爆弾でした。

さらに安全な場所で爆弾は彼らの頭上で爆発しているので
放射能に間近で晒されるような状況ではありませんでした。

そして降下してくる放射線物質を
吸い込まずに済むほどの距離もありました。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

世界に存在する禁断の地下施設10選!絶対に立ち入っては行けない場所だった!

世界に存在する禁断の地下施設10選…絶対に立ち入っては行けない場所だった…

薄暗い倉庫にぶら下がった人影!目を疑うような光景に心拍数が上昇する!

薄暗い倉庫にぶら下がった人影… 目を疑うような光景に心拍数が上昇する…

天然にも程がある!思わずツッコミを入れたくなる天然な友人エピソード6選

\News BFC に『いいね』お願いします/ 天然の友人の面白すぎるエピソードをご紹介します! 周りにひとりはいる天然キャラ① 「天然な人」と言うのは面白いものです。 発想や考え方、行動がぶっ飛びす …

史上最もイかれた12の拷問方法!どれも残虐すぎる!

史上最もイかれた12の拷問方法… どれも残虐すぎる…

接客業の人たちが常日頃から考えていること⇒悪質な客をぶった切るエピソード7選!

\News BFC に『いいね』お願いします/ 接客業の人たちが常日頃から考えていること。 悪質な客をぶった切るエピソード7選をご紹介します! 悪質な客をぶった切るエピソード① 「お客様は神様だ」 景 …