驚き

地球最後の秘境・北センチネル島!色々ヤバくてシャレにならないレベルだった!

投稿日:

地球最後の秘境・北センチネル島…
色々ヤバくてシャレにならないレベルだった…

 

地球最後の秘境・北センチネル島


今だに人類が踏み込めていない秘境。
インドの東に浮かぶ北センチネル島という小さな島があります。

「文明を拒否し続ける未開の島」
「世界一行くのが困難な島」
「誰もたどり着けない孤立の島」

など仰々しい呼ばれ方をしています。

そう呼ばれる理由は島に近づく者に対し、
容赦なく弓矢が雨あられのごとく降り注ぐと言われているからです。

実際の動画

これは過去に接触を試みた時の動画です。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=kJQuYKYxdVI

過去には殺害されてしまった事例も出ているそうです。

過去に起きた事例

事例1

1896年にイギリスは当時、
北センチネル島の東側のアンダマン諸島を
占領し刑務所を建てていました。

あるヒンドゥー教徒が脱獄して北センチネル島に逃げ込みました。
行方を追った追跡者が発見したのは弓矢で射られ、
喉を掻き切られた囚人の遺体でした。

これはニューヨーク・タイムズ紙が2012年4月12日の記事でも報じています

事例2

2006年にはインドの密猟者2人が流されて、
北センチネル島に漂着したが
弓矢で殺害されたという事例があります。

これは北センチネル島のフェイスブックからの写真。

勇ましく大きな弓矢を持っており
ヘリに対しての攻撃を試みようとしています。

また、「northsentinelisland.com」という
サイトでも画像を見ることができます。

時に友好的ともとれる態度を示すこともあるので
物資を森の中まで届けた時があったようですが、
いきなり矢で攻撃を受けてしまったらしいです。

主にインド政府主体によるセンチネル族との接触活動は
友好的な時は無かったようです。

外部の者を発見すると続々とセンチネル族が集まってきます。
この徹底した攻撃態勢こそが未開の地を維持してきた理由。

しかし、なんでそんなに外部との接触を嫌うかはわかっていません。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

羊飼いの女性を襲った恐怖!長閑な田舎の風景が一変!

羊飼いの女性を襲った恐怖…長閑な田舎の風景が一変…

海外の警察官が無抵抗の犬を射殺!その悪魔のような行為に非難殺到!

\News BFC に『いいね』お願いします/ 海外の警察官が、無抵抗で何の罪もない飼い犬を射殺するという事件を起こして非難が殺到しているというのです。 問題を起こしがちな海外の警察 出典:livel …

玉城家を超えるキラキラネーム家族が発見される!全く読めない・・・!

玉城家を超えるキラキラネーム家族が発見される・・・ 全く読めない・・・

最高500円以上!?値段が高い自販機TOP3!富士山はやっぱり日本一だった!

道行くところに、当たり前のように置いてある便利な自動販売機。 通常100〜150円だが、日本にはその倍以上で販売しているところも…。

とある男性は迷子の男の子を保護!お母さんへ無事引き渡した後、ある事実に気づきゾッとした!

とある男性は迷子の男の子を保護…お母さんへ無事引き渡した後、ある事実に気づきゾッとした…