体験談

余命3か月と診断された42歳のあるお母さんが最後にとった行動とは!

投稿日:

余命3か月と診断された42歳のあるお母さんが最後にとった行動とは…

 


僕が看取った患者さんにスキルス胃がんに罹った女性の方がいました。

余命3か月と診断され彼女は諏訪中央病院の
緩和ケア病棟にやってきました。

ある日、病室のベランダでお茶を飲みながら話していると
彼女がこう言ったんです。

「先生、助からないのはもう分かっています。
だけど、少しだけ長生きをさせてください」

彼女はその時、42歳ですからね。

そりゃそうだろうなと思いながらも返事に困って
黙ってお茶を飲みました。

すると彼女が

「子供がいる。子供の卒業式まで生きたい。
卒業式を母親として見てあげたい」

と言うんです。
9月のことでした。

彼女はあと3か月。
12月くらいまでしか生きられない。

でも私は春まで生きて子供の卒業式を見てあげたいと。

子供のためにという想いが何かを変えたんだと思います。
奇跡は起きました。

春まで生きて卒業式に出席できたのです。

こうしたことは科学的にも立証されていて
例えば希望を持って生きている人のほうが
がんと闘ってくれるナチュラルキラー細胞が
活性化するという研究も発表されています。

おそらく彼女の場合も希望が体の中にある見えない3つのシステム
内分泌、自律神経、免疫を活性化させたのではないかと思います。

さらに不思議なことが起きました。
彼女には2人のお子さんがいます。

上の子が高校3年で、下の子が高校2年。

せめて上の子の卒業式までは生かしてあげたいと
僕たちは思っていました。

でも彼女は余命3か月と言われてから
1年8か月も生きて2人のお子さんの卒業式を
見てあげることができたんです。

そして、1か月ほどして亡くなりました。

彼女が亡くなった後、娘さんが僕のところへやってきて
びっくりするような話をしてくれたんです。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

彼女の忘れた手帳が車に!興味本位で中身を見た結果、修羅場に!

彼女の忘れた手帳が車に… 興味本位で中身を見た結果、修羅場に…

とあるコンビニで発見された忘れ物…あまりにも悲しすぎると話題に!

とあるコンビニで発見された忘れ物… あまりにも悲しすぎると話題に…

隣りの家の屋上には温室があった!「何を育ててるんですか?」隣人「熱帯植物ですよ」 ある日、とんでもない光景を目撃してしまう!

隣りの家の屋上には温室があった… 「何を育ててるんですか?」隣人「熱帯植物ですよ」 ある日、とんでもない光景を目撃してしまう…

ガーデニング用の腐葉土の中から何かの赤ちゃんが!その赤ちゃんを育ててみると!

ガーデニング用の腐葉土の中から何かの赤ちゃんが… その赤ちゃんを育ててみると…

とある小学生の男の子が実践した自由研究!衝撃的すぎると話題に!

とある小学生の男の子が実践した自由研究…衝撃的すぎると話題に…