体験談

家族が娘の死後に発見したリストの内容に言葉を失う!

投稿日:

飲酒運転で娘を失った家族…
娘の死後に発見されたリストの内容に言葉を失う…

 

危険極まりない飲酒運転。
そんな飲酒運転には3種類あります。

【A】酒酔い運転
酒に酔った状態で運転が困難だと思われる状態。
基準はないので酒に酔ってると判断されたら適用。

【B】酒気帯び運転
呼気中アルコール濃度0.15 mg以上、
または、0.25 mg以上の二段階。酒良い運転ほどではない状態。

【C】警告
上記に至らない酒量の場合

そして、2007年(平成19年)9月19日より
道路交通法が一部改正、施行されました。

特に飲酒運転による交通違反、重大事故が後を絶たないため、
「酒酔い運転・酒気帯び運転」に対する罰則(罰金)が強化され、
「酒酔い運転・酒気帯び運転」をした運転者だけなく、
酒類を提供した者、車両を提供した者、
同乗者へも罰則(罰金)が適用されるようになりましたので注意しましょう。

2007年から罰則強化されています。

さらに飲酒運転でのいわゆる「ひき逃げ」事故問題対策として、
「救護義務違反」に対する罰則も
「5年以下の懲役または50万円以下の罰金」から
「10年以下の懲役または100万円以下の罰金」へと引上げられています。

また、酒酔い運転や救護義務違反などの悪質な違反行為で
免許の拒否・取消しを受けた場合は
「3年以上10年を超えない範囲内」で
新たな免許を受けることができなくなっています。

飲酒運転の結果として発生した事故についても
当然厳しいものになっています。

もちろん、これら刑事上、行政上の処分のほかに
民事上の責任も発生します。

アルコール濃度と事故率の関係には強い相関があります。

0.25mg/L (0.05%):2倍
0.50mg/L (0.10%):7倍
0.75mg/L (0.15%):25倍

07年(平成19年)中の警察庁の統計によると
飲酒あり運転の死亡事故率は5.69%で
飲酒なし運転の場合の0.60%に比べて
9.4倍というデータが発表されています。

このデータをもとにさらに飲酒あり運転のうち酒酔い運転
(アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態)
での死亡事故率を算出すると飲酒していない場合に比べて
34.4倍という非常に高い数値となるのです。

これほど危険なのに飲酒運転はなくならないことが不思議ですね。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

3年間働いてきた結果、通帳残高は!ネット掲示板で明かされた預金残高が話題に!

3年間働いてきた結果、通帳残高は…ネット掲示板で明かされた預金残高が話題に…

ガチ底辺校と呼ばれる学校と、難関校向けの進学塾のどちらも経験!その実態に愕然としてしまった!

ガチ底辺校と呼ばれる学校と、難関校向けの進学塾のどちらも経験…その実態に愕然としてしまった…

障害をもった方などが利用する多目的トイレ!そんな多目的トイレにまつわる恐ろしいエピソードが話題に!

障害をもった方などが利用する多目的トイレ…そんな多目的トイレにまつわる恐ろしいエピソードが話題に…

女性が抱えている誰にも言えない秘密がやばすぎる!私、○○が5つあります!

女性が抱えている誰にも言えない秘密がやばすぎる…私、○○が5つあります…

骨折し松葉杖をついていた女性!電車で足を踏まれた直後、忘れられない体験をする!

骨折し松葉杖をついていた女性…電車で足を踏まれた直後、忘れられない体験をする…