体験談

風俗嬢の私にプロポーズした夫!「親に紹介したい」と言われ、拒絶される覚悟で会いに行ったら!

投稿日:

風俗嬢の私にプロポーズした夫。
「親に紹介したい」と言われ、拒絶される覚悟で会いに行ったら…

 


私のトメ
(以後お母さんと書かせてください)は
物凄く良トメ。

勿論、そんなトメを生んだ大トメ
(以後おばあちゃんと書かせてください)も良大トメ。
ウトはもう他界しています。

私は、実の両親が毒でして奴らが作った借金を返すために

「風俗で働け!」

っていわれて、お風呂屋さん系の風俗で働いていました。

夫はそこにたまたま上司の付き合いとやらで来て、
私のリップサービスに真剣になりました。

最初は

「カモだわ」

なんて私も悪い心で考えていたんですが、
夫はとてもなんと言うか純粋で、
私の話に直ぐに同情しちゃっていました。

いつの間にか私は彼をカモではなく、

「悪質業者に布団とか売られてしまう心配な人」

になってしまいました。

そして、彼は私にプロポーズ。

でも借金がある為に、何度か拒否していました。
嫌とかではなく、私にはもったいないと心から思ったので。

しかし、彼の押しの強さに負けてしまい、

じゃあ食事だけ…
じゃあドライブだけ…

と何度かお付き合いをし、
同情ではなく愛情であると結論が私の中で出ました。

彼は、

「親に紹介したい」

と言うので、躊躇いながらもお会いしました。

勿論、強烈に反対され拒絶され追い出される覚悟です。

実は以前もそういうこと何度もあったので

「甘い夢見てるんだ、今日全部覚めるんだよ。罵倒されて。」

なんて思いながら彼の家へ行きました…

お母さんは、私を見てニッコリ笑って迎え入れてくれました。

おばあちゃんも直ぐに家の奥から出てきてくれて、
丁寧におもてなししてくれました。
「あれ?私の仕事知らないのかしら?」って錯覚するぐらいです。

お母さんは、まごまごしてる私をみて、口を開きました。

「貴方の今のお仕事とか私たちは知ってるの。
でも、私の息子の選んだ人ですもの。それに実際にお話したら楽しい方ね。
何があったかは知らないけど、私たちは未来へ行くの。過去なんて関係ないわ。」

とおっしゃってくれました。
涙がボロッボロこぼれました。

その後、借金の事を少しお話したら、
黙ってうなづいて

「貴方のご両親に会いたいわ。結婚するんでしょう?」

とお母さんは言ってくれました。

そして、まあ、色々とありましたが最終的にお母さんは
私の毒親と縁を切らせていくれました。

毒親に1000万円を投げつけて

「この子は私がもらうからね!これ手切れ金!
付回したらストーカーとして訴えるからね!」

と啖呵を切ってくれたんです。

流石に

「やめてください!お金がもったいないです!」

って止めたんですが、

「私はいいの。お金なんて直ぐためられるから。やらせて。ね?」

って言ってくれました。

結婚式も用意してくれ、

「同居だと今の関係を崩すのは嫌でしょう?」

と近距離別居も提案してくれ、嫁ではなく娘として接してくれて、
優しい夫、お母さん、おばあちゃんに囲まれて幸せな日でした。

そのおばあちゃんが、先日亡くなりました。

私は、お棺にしがみついて

「おばあちゃん!おばあちゃん!」

って何度も泣きつきました。
その姿を見ていたとある男性が私に向かって

「そうやって取り入ったのか!まったくうまいことやったよこのあばずれが!」

って吐き出すようにいいました。
その人は、聞けば昔離婚したおばあちゃんの夫、つまり大ウトです。

おばあちゃんの手前、グッと我慢して無視を決め込みました。
お母さんはそんな私の背中をさすりながら

「我慢してくれてありがとうね。私の父親なのよあの人…
本当は来て欲しくなくて連絡取ってなかったのに誰か教えたのね」

と言ってくれました。

その後、

「財産分与がある」

とお母さんが
大ウトを含む親戚を全員応接間へ集めました。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

ゆとり世代の新入社員に買い出しに行かせたら…その結果ヤバいことに!

俺「二千円で人数分、普通の牛丼買ってきて!」 ゆとり新入社員「はい!」その結果ヤバいことに…

世界で60例しかない顔面奇形で生まれた6歳男児の母親が伝えたいこと!

世界で60例しかない顔面奇形で生まれた6歳男児の母親が伝えたいこと…

元上司からとある事で感謝のLINEが!良い話なのにふざけてしまったせいで面白い展開に!

元上司からとある事で感謝のLINEが…良い話なのにふざけてしまったせいで面白い展開に…

自ら裸体になって撮影する女性フォトグラファー!クレイジーすぎると話題に!

自ら裸体になって撮影する女性フォトグラファー… クレイジーすぎると話題に…

喧嘩したら嫁が俺の大切なマフラーを燃やした⇒俺「はい離婚」嫁『えっ…いや、あのごめん』俺「はい離婚」

俺の小遣いの減額を断ったら、嫁がマフラーをライターで炙りやがった!