体験談

12歳から6年間痴漢に遭い続けた日本人女性!フランスで痴漢体験本を出版し大反響!

投稿日:

12歳から6年間痴漢に遭い続けた日本人女性…
フランスで痴漢体験本を出版し大反響…

 

現在はパリに住む30代の日本人女性が日本で暮らしていた時、
12歳から18歳の6年間山手線で毎日痴漢にあったという体験を
小説で出版し、フランスで大反響を呼んでいます。

12歳から6年間痴漢に遭い続けた日本人女性

電車内の痴漢行為というものは
フランスではあまり見られない犯罪なのでしょうか?

ある日本人女性の書いた自身の痴漢体験をベースにした小説が
フランス・メディアで大きな反響を呼んだそうです。

その本とは2017年秋に出版された『TCHIKAN(痴漢)』、
著者は佐々木くみ、パリ在住の方です。

佐々木は中学と高校時代を日本で過ごしましたが、
小説はその6年間通学に利用した山手線で遭った
実際の痴漢体験に基づいていると言います。

フランスのメディアはこの小説にかかれている内容や
痴漢というものをどのように受け止めたのでしょうか?
なぜ佐々木は今になって本を出したのでしょうか?

痴漢の指の動きは止まらなかった

この本は小説という形式をとっているだけに表現はかなり露骨です。
人によってエ○小説?と勘違いする向きもいるでしょう。

しかし書いた本人は至極真面目に訴えています。
小説の内容を少し引用しながら佐々木の主張にも耳を傾けてみましょう。

小説はフランス人作家エマニュエル・アルノーとの共著です。
そして挿絵も佐々木さん本人が描いたものが採用されました。

150cmにもならない身長に紺色の長いワンピース姿。
まだあどけなさが残るクミに、事件は突然起きた。
ある男性の手が自分を愛撫しているように、クミは感じたのだ。

最初は恐らく電車の揺れによるものだろう、
自分の勘違いだ、と思ったクミ。
しかし彼の指の動きは止まらず、
意図的にしていると確信せざるを得なくなる。

「見知らぬ人の手の指がブラウスの襟の中に入り込み――。

そして今度は背中を触り、服を触り、腰、お尻も触った。
ちょうどお尻の真下に当たるところに手を当てて、
指だけを動かしながらそうっとスカートをたくし上げ、
スカートの下の私の左腿を触った」

痴漢はその日だけで終わらなかった。
別の日、今度は50代の男性から次のように触られた。

「パンツの下の私のお尻を撫で続け、
少しずつ、その指がお尻の割れ目に近づいた。
それから、指はゆっくり下のほうへ降り、
少しためらった後に、一本の指が私の性器に触れた」

また50代の既婚者らしき男性に自宅までついてこられ、
こう言われたこともあったそうです。

「ねぇ、僕を君のパパにしてくれない?」
「ほら、見て、お小遣いあげるよ。ここで、いま良かったら……」
「君がすごく可愛いから……!君が欲しいんだよ!
わかる?君の中で出したいんだ!
君に、子供を産んで欲しいんだよ!わかる?」

くみはこうした被害を繰り返し受けるうちに
自傷行為を始めるようになりました。

そして自殺未遂も…

幸い友人に救われましたが、
30代半ばまで電車に乗れなくなり、
男性への恐怖心が抜けないそうです。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

道路をゆっくり渡るお婆ちゃんにクラクションの嵐!その後、お婆ちゃんの反撃が!

道路をゆっくり渡るお婆ちゃんにクラクションの嵐… その後、お婆ちゃんの反撃が…

子供の「トイレを貸して下さい」は要注意!巧妙な犯罪手口に衝撃が走る!

突然子どもが家にやってきて「トイレを貸してください」と言ってきたらどうしますか? 孫ぐらいの年齢の子が助けを求めてきたりすると、ついついトイレを貸してしまうことも考えられます。 実は以前この親切心を悪 …

爪が破れやすいからジェルネイルをして手術を受けようとした結果!医者に言われた衝撃的なトラブルが話題に!

爪が破れやすいからジェルネイルをして手術を受けようとした結果… 医者に言われた衝撃的なトラブルが話題に…

汚れてる川沿いを毎日30分だけ掃除した結果!ほんの些細な行動がこんなに素敵な結果に!

汚れてる川沿いを毎日30分だけ掃除した結果… ほんの些細な行動がこんなに素敵な結果に…

ヤフオクで数千万の価値!?のものが出品されていた!その衝撃の商品が話題に!

ヤフオクで数千万の価値!?のものが出品されていた…その衝撃の商品が話題に…