驚き

世界の最も危険な人類の立ち入りを拒む恐ろしい場所12選!日本に生まれてよかったと話題に!

投稿日:

世界の最も危険な人類の立ち入りを拒む恐ろしい場所12選…
日本に生まれてよかったと話題に…

 


世界がどんなに発達しようとも
人間が汚した場所、自然から出来た危険な場所は
まだまだあるようです。

今回はそんな世界の最も危険な
人類の立ち入りを拒む恐ろしい場所を紹介します。

人類の立ち入りを拒む恐ろしい場所

1.ダナキル砂漠

エチオピア北東部とエリトリア南部に位置する
ダナキル砂漠は地上で最も過酷な土地と言われ、
海面よりも標高の低い砂漠地帯です。

とにかく暑く、夏は気温が50度以上、冬でも40度を超え、
火山がそこら中にあり、生き物は一切生息していません。

硫化水素という有害物質も出ているため、
ガスマスクを着用する人もいるそうです。

しかし、その特殊な地域であるために
見たことのない景色が広がっています。

さらに、危険なのは温度や硫化水素だけでなく人間。

プロの武装強盗がいたり、
エチオピアとエリトリアの両国では紛争が絶えないため、
ボディーガードを雇う必要があるそうです。

2.グアテマラの陥没穴

2007年2月23日、
グアテマラシティの住宅街に
深さ100mのシンクホールが発生、5人が死亡した。

2010年5月30日には
グアテマラシティの工場地帯で直径20m、深さ30mのシンクホールができ、
3階建ての工場がそのまま崩壊し15人が死亡した。

熱帯低気圧がもたらした洪水と下水道管の管理不良が原因であった。

本地域の基盤が石灰岩台地だという可能性が考えられます。
石灰岩中の鍾乳洞が発達してドリーネを作り、
それが陥没孔となって地表に達したというのが考えられます。

3.ナトロン湖

タンザニア北部にあるナトロン湖。
通称「炎の湖」。

水中の微生物が繁殖するときに写真のような
真っ赤な色に染まるのが由来です。

もう写真を見ただけで一目瞭然ですが、
この湖、あらゆる生物たちを受け付けない、
強アルカリ性の死の湖となっているのです。

4.プリンセス・ジュリアナ国際空港

プリンセス・ジュリアナ国際空港は
空港のすぐ隣にある道路とビーチ。

そのスレスレのところを飛行機が滑空していますので
人の頭の少し上をジャンボジェットが飛んでいます。

映画のワンシーンのような迫力ですが、
これが日常的に繰り広げられています。

5.クルーベラ(ボロニア)洞窟

グルジア・アブハジアに位置する約2200mと世界一深い洞窟。

洞窟の最深部までは人が行くことも可能ですが、
道中には地下水をダイビングしなければいけないエリアや
人一人がやっと通れるか否かというエリアがあるなど、
到達までに27日もの時間が必要となっています。

6.家畜に注意する道(ゾージ・ラ)

この道路はサンデードライブには不向きで
人間が運転する車よりも
無人探査機マーズ・ローバーの方が適しています。

標高約3500mを走る全長約9kmのこの道は
ラダックとカシミールを結ぶ重要な幹線道路だそうです。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

たった一錠のドラッグが脳に及ぼしたダメージ!16歳の美しい少女の変わり果てた姿が話題に!

たった一錠のドラッグが脳に及ぼしたダメージ… 16歳の美しい少女の変わり果てた姿が話題に…

お茶吹いたw決してワザとじゃない小学生たちのおもしろ珍解答9選をお届け!

\♡『いいね』お願いします♡/ 決してワザとじゃない小学生たちのおもしろ珍解答9選をお届けします! 小学生のおもしろ珍解答① 小学生たちの決してワザとではないおもしろ珍解答集をご紹介します! まず、珍 …

昼寝をしない2歳幼児を虐待する先生!恐怖で震えるほどの虐待に批判殺到!

昼寝をしない2歳幼児を虐待する先生… 恐怖で震えるほどの虐待に批判殺到…

ゴミ屋敷の清掃業者が明かす驚きの実態!毛布をめくると!

テレビなどでたまに特集が組まれるゴミ屋敷清掃ですが、 その実態はあまり知られていません。 特に、利用者は一体どのような人なのかなど気になる点も多く存在します。 今回はゴミ屋敷の清掃業者が明かす驚きの実 …

花の蜜を食べて生きる中国人女性!思わぬ形で本当の姿がバレる!

中国鄭州市に住む15歳の中国人女性がネットで話題となりました。 その女性は花の蜜を食べて生きているそうです。 しかし、思わぬ形で本当の姿がバレてしまいました。