体験談

千葉県にある某ホテルの602号室には絶対泊まってはいけないと言われている理由!

投稿日:

千葉県にある某ホテルの602号室には
絶対泊まってはいけないと言われている理由…

 

千葉県のA市にあるビジネスホテルには
ある恐ろしい噂があります。

今回は千葉県にある某ホテルの602号室には
絶対泊まってはいけないと言われている理由を紹介します。

千葉県にある某ホテルの602号室には絶対泊まってはいけないと言われている理由

この話をしてくれたのは中学校からの友人でもあるKさんだった。

「602号室には絶対泊まったらいけないよ」

私が仕事の都合でそのビジネスホテルに泊まる事になり、
ちょうどその場に居合わせたKさんが
私にこう忠告をしてくれたのがきっかけだった。

二年前までKさんはこのビジネスホテルの従業員をしていた。
宿泊客が帰った後に部屋の中の掃除をしたり、
備品のチェックをする仕事である。

石鹸や歯磨きを持ち帰ってしまう客や
ベッドをぐしゃぐしゃにして帰っていく客、
酒を飲んで騒いだあげくにゴミを散らかして行く客など、
さまざまな「後汚し」を元の状態に戻すのは結構大変な仕事らしい。

仕事をはじめたばかりのKさんも
その大変さにかなりまいっていたという。
そんなKさんの唯一の救いが「602号室」だった。

602号室は先輩から「ここはやらなくていいから」と言われていて、
ああ、この部屋には何かあるなとは感じていたものの、
先輩達も602号室についてそれ以上口を開くこともなく、
やらなくてもいいのならばそれでいい、とKさんは最初はそう考えていた。

異変に気づいたのは仕事を始めてから一ヶ月ほど経ったころだった。

一ヶ月も続ければ仕事に慣れてきて
Kさんにも余裕がでてきたからだろうか、
先輩達の602号室に対する扱い方に
何らかの恐怖が混じっていることに気づいたそうだ。

602号室の前を通るときもドアからできるだけ離れて歩き、
両端の部屋の掃除をするにもいつもなら優しい先輩達が
新入りに押し付けているのだ。

その顔には明らかな恐怖が現れていたとKさんは言った。

しばらくして、Kさんにもようやく後輩ができた。
Tさんという小柄な女性で少し真面目すぎる所があったという。

Kさんも先輩達と同じように

「602号室はやらなくていいから」

と教えた。

ところがTさんは

「きちんとやらなくゃいけないんじゃ・・?」

と真面目な顔で言ってきた。
確かに考えてみればKさんや先輩達は今まで
一回も602号室を掃除したことはなく、
それでも不思議なことに602号室には何人もお客が泊まっている。

部屋が汚くされているのならば、
苦情がフロントに届き、何らかの叱責が伝えられるはずである。

今まで見逃してきたその奇怪な状況に
Kさんの好奇心が刺激されたのか、
深く聞くまいとしていた602号室のことを
仕事中一緒になった先輩に聞くことにしたという。

続きは次ページでご覧ください♪

 

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

ラーメン屋の行列に割り込むおばさん軍団に痛烈な制裁!行列に並んでいた人たちから拍手喝采を浴びる!

行列ができる人気のラーメン店に寒い中並んで待っていたら、 目の前でおばさん2人が割り込み。 非常識だと指摘しても開き直るおばさんたちに、 その前にいた大学生くらいの男性がスカッとする制裁を下しました。

あることが理由で別れてしまったカップル!原因は彼氏の〇〇だった!

あることが理由で別れてしまったカップル… 原因は彼氏の〇〇だった…

小学一年生の女の子が「暴走族に宛てた詩」子供の発想はたまらないと話題に!

小学一年生の女の子が「暴走族に宛てた詩」子供の発想はたまらないと話題に…

嫌でも寝る前に化粧を落とさなければいけないと感じる恐怖体験に戦慄する!

嫌でも寝る前に化粧を落とさなければいけないと感じる恐怖体験に戦慄する…

4年の闘病の末にガンで亡くなった9歳の息子!その時母は一滴の涙も流さなかった!

4年の闘病の末にガンで亡くなった9歳の息子… その時、母は一滴の涙も流さなかった…