驚き

本当は怖い内容の童話5選!原作のピノキオは怠け者で私利私欲のために動くクズだった!

投稿日:

本当は怖い内容の童話6選…
原作のピノキオは怠け者で私利私欲のために動くクズだった…

 

本当は怖い内容の童話5選

日本昔ばなしやグリム童話、アンデルセンの童話など、
小さい頃から知っている物語ってありますよね。

その全ての物語はハッピーエンドで終わりますが、
原作は全く子供向けではない怖い内容だという事実をご存知でしょうか。

そこで今回は本当は怖い内容の童話を紹介します。

1.赤ずきんちゃん

赤ずきんちゃんは狼に騙されたおばあさんと
赤ずきんが最終的には狼を懲らしめて、
助かるという話で有名ですよね。

でも、この童話の原作では別の残虐な設定があります。

それは、狼はおばあさんの喉元に食らいついて、
おばあさんは声も出せないまま死んでしまいます。

さらに狼はおばあさんの死体を解体して肉の塊に
血は瓶に移して戸棚にしまうのです。

おばあさんに変装した狼は赤ずきんにおばあさんの肉の塊と
血を干し肉とワインだと説明してそれを食べるように指示します。

指示された赤ずきんはおばあさんに気を遣って残さず流し込みました。

2.ヘンゼルとグレーテル

ヘンゼルとグレーテルは継母に捨てられて森の中で
魔女からお菓子の家を仕掛けられながらも
逃げ帰る話として有名ですよね。

でもグリム童話の初版ではヘンゼルとグレーテルは
継母によって領主に売られてしまいます。

しかもその領主の趣味は少年少女を拷問することで
ヘンゼルとグレーテルはその領主や手下の魔女たちから逃げ出しました。

ヘンゼルたちは城の中で起きたことを役人に話し、
周辺住民を挑発して領主殺害を先導。

そして、自分たちを売った継母を告発して逮捕させました。
子供にしては頭がキレすぎてゾッとしますよね。

3.シンデレラ

シンデレラは継母やその連れ子のいじめに耐え抜いて
王様のハートを射止めるという話で有名ですよね。

この物語ではガラスの靴が重要な役割を果たしますが、
実は原作には描かれていませんでした。

当時の貴族たちは白オコジョの毛皮で作られた靴を
好んでパーティで履いていました。

古いフランス語ではガラスと白オコジョの発音が全く同じだったために
フランス語から英語に訳されるときにガラスと誤訳されてしまったのです。

また原作のラストでは意地悪な2人の姉は
鳩に両目をくり抜かれて盲目になってしまいます。

続きは、次ページでをご紹介します!

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

13年間行方不明だった少年!彼を誘拐した犯人の正体に世界中が激震!

13年間行方不明だった少年… 彼を誘拐した犯人の正体に世界中が激震…

飼い主を食べた危険なペットの動物たち!動物の本能は恐ろしい!

飼い主を食べた危険なペットの動物たち… 動物の本能は恐ろしい…

地球7周分の衝撃波と言われる「クラカタウの大噴火」人類史上最悪の火山噴火が衝撃的だった!

地球7周分の衝撃波と言われる「クラカタウの大噴火」… 人類史上最悪の火山噴火が衝撃的だった…

女友達と自分の彼氏が○○したことを知った女性がLINEで激おこ!そのブチ切れ具合が尋常じゃない…

\♡『いいね』お願いします♡/ 女友達と自分の彼氏が○○したことを知った女性がLINEで激怒! そのブチ切れ具合が尋常じゃないと話題に…。 古来より「女の敵は女」と言います… 出典:sp.lalu.j …

水族館で飼育員が凶暴サメに喰われる衝撃映像!

【閲覧注意】 水族館で飼育員が凶暴サメに喰われる衝撃映像・・・