いい話

人間のために働かされ続けた全盲のゾウ。保護団体に救出され聖地で仲間と感動の再会!

投稿日:

人間のために働かされ続けた全盲のゾウ。
保護団体に救出され、聖地で仲間と涙の再会!

 

間のために働かされ続けたゾウ

タイやインドなどでゾウは人々の暮らしに近い存在として愛されている一方で、観光客を乗せて一日中働かされ虐げられているという事実もある。

このほど辛い過去を背負って生きてきた全盲のゾウが保護団体に救出され、聖地で新しい仲間と触れ合う姿が感動を呼んでいます。

 

ゾウのプロイ・ソンは、タイのパタヤで16年にわたり観光客を背中に乗せて働かされてきた。

全盲のため、プロイ・ソンは匂いを嗅ぎ分けられる鼻だけを頼りにその道のりを行き来してきたという。

推定年齢30歳とされるプロイ・ソンは、観光客を乗せる仕事の前はサーカスで働かされており、生まれてから自由というものを味わったことがなかった。

 

アジアゾウの保護に尽力しているチェンマイの『Save Elephant Foundation』のスタッフらは、ブア・キュー(Bua Keaw)という名のゾウを救出している時にプロイ・ソンの存在を知った。

『プロイ・ソンは両目が全く見えないにもかかわらず、早朝から日暮れまで毎日観光客を乗せて働かされていました。私たちスタッフはプロイ・ソンも自由にしてやれるように飼い主と交渉し、救出に成功したのです。』

その後、プロイ・ソンは聖地で仲間と感動の再会をします♪

続きは、次ページでをご紹介します!

 

> 続きを読む 

-いい話

執筆者:

関連記事

no image

中川家のライブ中に赤ちゃんが泣いてしまい帰ろうとした父親に対して2人がとった行動に称賛の嵐!

\News BFC に『いいね』お願いします/ 中川家のお笑いライブ中に赤ちゃんが泣いてしまった… 迷惑をかけまいと帰ろうとした父親に対し中川家の神対応が素晴らしすぎる! 中川家がとった行動が素晴らし …

容器に首だけ入れられた少女!世界に潜む闇に鳥肌が止まらない!

容器に首だけ入れられた少女… 世界に潜む闇に鳥肌が止まらない…

大金入りの財布を拾ったホームレス。警察へ届けると彼の人生が180度変わる展開に!

\News BFC に『いいね』お願いします/ 大金が入ったエルメスの財布を拾った、一文無しのホームレス。 警察へ届けた結果、彼の人生が180度変わる展開に! その財布の持ち主は・・・ 財布が無傷で …

火事で燃え盛る家から脱出してきた犬⇒口には可愛らしい小さな命が加えられていた…。

燃え盛る家から脱出する犬の口にくえられていたのは小さな命だった…。

「緑はもうないかもしれない」とある学生が制作したポスターが考えさせられる!

「緑はもうないかもしれない」 とある学生が制作したポスターが考えさせられる…