いい話

人間のために働かされ続けた全盲のゾウ。保護団体に救出され聖地で仲間と感動の再会!

投稿日:

人間のために働かされ続けた全盲のゾウ。
保護団体に救出され、聖地で仲間と涙の再会!

 

間のために働かされ続けたゾウ

タイやインドなどでゾウは人々の暮らしに近い存在として愛されている一方で、観光客を乗せて一日中働かされ虐げられているという事実もある。

このほど辛い過去を背負って生きてきた全盲のゾウが保護団体に救出され、聖地で新しい仲間と触れ合う姿が感動を呼んでいます。

 

ゾウのプロイ・ソンは、タイのパタヤで16年にわたり観光客を背中に乗せて働かされてきた。

全盲のため、プロイ・ソンは匂いを嗅ぎ分けられる鼻だけを頼りにその道のりを行き来してきたという。

推定年齢30歳とされるプロイ・ソンは、観光客を乗せる仕事の前はサーカスで働かされており、生まれてから自由というものを味わったことがなかった。

 

アジアゾウの保護に尽力しているチェンマイの『Save Elephant Foundation』のスタッフらは、ブア・キュー(Bua Keaw)という名のゾウを救出している時にプロイ・ソンの存在を知った。

『プロイ・ソンは両目が全く見えないにもかかわらず、早朝から日暮れまで毎日観光客を乗せて働かされていました。私たちスタッフはプロイ・ソンも自由にしてやれるように飼い主と交渉し、救出に成功したのです。』

その後、プロイ・ソンは聖地で仲間と感動の再会をします♪

続きは、次ページでをご紹介します!

 

> 続きを読む 

-いい話

執筆者:

関連記事

ヒッチハイクの女性を乗せた結果→うらやましすぎる展開に!しかも最終的に!

ヒッチハイクの女性を乗せた結果→うらやましすぎる展開に…しかも最終的に…

この髪の長い子は実は『男の子』。イジメに耐えながら2年間のばした理由⇒驚きのその理由に胸が熱くなる!

イジメに耐えながら2年間のばした理由。 驚きのその理由に胸が熱くなる!

【トラック野郎】飛び降り自殺を大型トラック13台で阻止!⇒トラック野郎たちの心意気に賞賛の嵐!

高速道路の橋から飛び降り自殺をしようとした男性…。しかし、大型トラック13台を並べて阻止!その心意気に賞賛の嵐!

ホームレスに朝食をおごった母親!何気無い優しさがホームレスの命を救うことに!

学生で母親でもあるケイシー・フィッチャーはアメリカのニュー・ハンプシャーに暮らしています。 ある日のこと、ケイシーさんは朝食の時のさりげない行動で ホームレス男性の命を救うことになります。

母からのLINEを読んだ女子高生の娘が弁当を開けてみると…母の嫌な予感が的中!

\News BFC に『いいね』お願いします/ 高校に通う、ゆう@ito_muska0608さんが、学校に行こうと自宅を出た後、母からメッセージがLINEで届きました。 お弁当に『たけのこの里』を入れ …