驚き

衆生救済のため焼身自殺の僧侶!遺灰から信じられないものが発見される!

投稿日:

衆生救済のため焼身自殺の僧侶…
遺灰から信じられないものが発見される…

 


宗教家・信仰者が自らを犠牲にして
人々の命を救った話は世上多く語られています。

今回はベトナムで起こり、
衆生救済のため捨身した男性の話を紹介します。

自分の命を捧げる自爆テロなど
目的のためなら「死ぬ」ことも厭わない出来事が世界では多く起こっています。

なかには抗議をするために自分の命を捧げる人も・・・

衆生救済のため焼身自殺の僧侶

ベトナムにあるホーチミン市で
1963年6月11日に衝撃的な出来事が起こりました。

ある僧侶が抗議のために焼身自殺を図ったのです。
そして、彼の遺骸に残されたものが衝撃的でした。

僧侶の名前はティック・クアン・ドックさん。

ティックさんはこの日、
政府に対して抗議活動をするためにホーチミン市へ。

当時、少数派仏教徒は抑圧されていて
それに対する抗議活動をするためでした。

彼の行った行動は焼身自殺でした。

ティックさんはすすり泣く学生に
ガソリンをかけさせてマッチを擦ったのです。

ティックさんは一瞬にして炎に包まれてしまいました。
その光景はこの世のものと思えないほど。

燃え盛る炎の中で身もだえすることもなく
地面に座り続けるティックさん。

恐ろしく信じがたい光景を群衆は
ただただ見つめることしかできなかったそうです。

実際にこの光景を目撃した
ジャーナリストのデビッド・ハルバースタムさんは

「もう二度と見たくない光景です。
人間から炎が出ているのです。
僧侶の体は徐々にしなだれてしぼんでいき、頭は黒く焦げていきました。
周囲には人間の肉が焼ける匂いが立ち込めていました。
人間の体は驚くほどあっという間に焼けていくのです。

集まってきたベトナム人たちが
私の後ろですすり泣くのが聞こえてきます。」

と語り、そしてこう続けています。

「何もできなかった。

私はあまりにショックを受けてしまい泣くことができず、
頭が混乱してメモを取ることもインタビューすることもできず、
気が動転していて何か考えることもできませんでした。

焼けている途中、僧侶は微動だにせず
声を上げることもありませんでした。
背筋をまっすぐに伸ばしたその姿勢は
周囲で泣き崩れる人たちと対照的でした。」

続きは、次ページでをご紹介します!

 

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

全ての氷河が溶けたら地球はどうなるのか?世界中が大打撃だった!

全ての氷河が溶けたら地球はどうなるのか?世界中が大打撃だった…

「誕生日を迎えた夫を驚かせよう」サプライズで落とし穴を作った結果!夫婦死亡で裁判に!

2011年に起こった落とし穴死亡事故。 誕生日の夫を驚かせようと妻と友人達で作った 落とし穴に夫婦で落ち、死亡した事故。 今回はそんなサプライズでの落とし穴死亡事故を紹介します。

昔のヨーロッパの拷問・処刑方法!ギロチンがいかに人道的な処刑器具なのかよく分かると話題に!

昔のヨーロッパの拷問・処刑方法… ギロチンがいかに人道的な処刑器具なのかよく分かると話題に…

陸上自衛隊の駐屯地で撮影された写真が話題に!

東京都立川市にある、陸上自衛隊の立川駐屯地で撮影された写真が話題になっています。

世界の最も危険な人類の立ち入りを拒む恐ろしい場所12選!日本に生まれてよかったと話題に!

世界の最も危険な人類の立ち入りを拒む恐ろしい場所12選… 日本に生まれてよかったと話題に…