体験談

厳しい刑務所の出産事情…「出産時に手錠させられたふざけんな!生まれてすぐ離れ離れ…」

投稿日:

厳しい刑務所の出産事情…
「出産時に手錠させられたふざけんな!生まれてすぐ離れ離れ…」

 


収監前に妊娠している女性は刑期によっては
受刑中に出産を迎えることになります。

しかし刑務所内には出産の設備がないため、
一時的に施設外に出る必要があります(警察病院など)。

その際、陣痛が始まって移送される時から、分娩台で出産し、
元の刑務所に戻ってくるまでのあいだ、
手錠をかけておくよう法律で決まっていたそうです。

理由は逃亡を防ぐため。

移送中は仕方がないにせよ、
分娩台の上でも手錠をかけるとは異常だと感じます。

こんな時に逃げるなんて可能なのでしょうか。
また、手錠を掛けらまま挑む出産には精神的に負担がかかり、
胎児へ悪影響がないのか心配にもなります。

今回はそんな厳しい刑務所の出産事情を紹介します。

厳しい刑務所の出産事情

覚醒剤の使用や密売などで逮捕起訴された女性。

覚せい剤取締法違反の罪で2010年から2年半にわたって
笠松刑務所(岐阜県笠松町)に服役していた30代の女性が
毎日新聞の取材に応じた。

妊娠していた女性は服役中、移送先の病院で出産したが、
手錠をはめられた状態で分娩(ぶんべん)台に上がった。

「手錠があったことで出産が苦しい思い出になった」

と振り返る。

法務省は14年12月の通達で
出産時には手錠を外すとの統一方針を打ち出したが、
それまでは妊娠中の受刑者や被告の多くが、
手錠を付けての出産を強いられてきた。

女性は09年4月、
覚せい剤取締法違反(使用)の罪で有罪判決を受けた。

薬物依存から抜け出せず執行猶予期間中の10年6月に
再び同法違反容疑で逮捕された。

女性は当時、妊娠していたが、
同年9月に懲役2年6月の実刑判決を受け、
同10月から笠松刑務所に入所した。

服役中の11年5月、陣痛が始まり、
岐阜市内の民間病院に移送された。

分娩台に上がる際、二つの輪を重ねた手錠を片方の手にはめられ、
手錠に結ばれた捕縄を持った女性刑務官が出産に立ち会った。

無事に女児を出産したが、女性は

「こんなところまで手錠をしなければならないのか疑問に思った」

と振り返る。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180311-00000013-mai-soci

1歳半まで獄中育児OKはタテマエ

法務省の統計だと毎年20人以上の子どもが獄中で生まれているそうです。

法律では1歳半までムショで育てられるそうですが、
そんな人はそうそういません。

所内の保育室には保母さんもいませんし、
昼間は刑務作業で工場に行きますから、
その間、赤ちゃんは放置されて、せいぜいおむつを替えてもらう程度。

生まれてすぐに親族が引き取るか、
設備の整った乳児院へ入れるかのどちらかになります。

産んで1週間くらいは一緒にいてあとは離れ離れがほとんどだそうです。

続きは、次ページでをご紹介します!

 

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

すごい美女だが、足が不自由でイジメられている女子生徒!ある日教室戻るとその女子が!

すごい美女だが、足が不自由でイジメられている女子生徒… ある日教室戻るとその女子が…

在宅中なのになぜか不在票を入れられた!コールセンターに電話したら宅配業者の闇が垣間見える!

在宅中なのになぜか不在票を入れられた… コールセンターに電話したら宅配業者の闇が垣間見える…

ダウン症で生まれた彼女を人々は避け続けた!しかし18歳になった彼女は世界中に衝撃を与える!

ダウン症で生まれた彼女を人々は避け続けた… しかし18歳になった彼女は世界中に衝撃を与える…

民泊代行業者が語る仰天トラブル!「シーツを血まみれにするのだけは勘弁…」

民泊代行業者が語る仰天トラブル… 「シーツを血まみれにするのだけは勘弁…」

母が料理に失敗した時の父親の行動!今でも深く心に刻まれていた!

母が料理に失敗した時の父親の行動… 今でも深く心に刻まれていた…