ニュース

出産後、女性がエレベーターに挟まれ体が真っ二つに切断!なぜこんな事故が!

投稿日:

出産後、女性がエレベーターに挟まれ体が真っ二つに切断…
なぜこんな事故が…

 


スペインにある大きな病院で出産をして間もない女性が
エレベーターに挟まれて体が半分に切断され、死亡しました。

なぜこんな事故が起きてしまったのか??

出産後、女性がエレベーターに挟まれ体が真っ二つに切断

赤ちゃんを出産して間もない女性が
病院のエレベーターに挟まれて亡くなりました。

出産をして喜びを感じていた女性と家族を
一気に奈落の底に落とした悲惨な事故です。

スペインのアンダルシア州都セビリアにある
大きな病院「Hospital Our Lady of Valme」にて
搬送中の産婦さんがエレベーターに挟まれて死亡しました。

亡くなったのは産科に入院をしていた、
ロシオ・コルテス・ヌネスさんというまだ26歳の若い女性でした。

帝王切開で赤ちゃんを出産し、
3人の子供の母親となったロシオさんですが、
男性看護補助者いわゆるポーターが、
ロシオさんの乗るストレッチャーを押して、
エレベーターに乗っている時に事故に遭ってしまったのです。

エレベーターに乗り込んだ時、
ドアが2回開閉を繰り返しており、一向に上昇しませんでした。

そこで、このエレベーターから降りて
違うエレベーターに乗ろうとしたポーター。

まずはポーターが降りてから、
ロシオさんを乗せたストレッチャーを引いたのですが、
そこで急にエレベーターが上昇してしまったのです。

救助隊員が駆けつけ専門の道具を使って救助活動を行ったのですが、
ロシオさんの体は真っ二つに切断されていました。

頭部は天井とエレベーターの間に挟まれており、
足はシャフトという空間に飛び出しぶら下がっていました・・・

あまりにも複雑な状態に作業は2時間にも及んだそうです。

続きは、次ページでをご紹介します!

 

> 続きを読む 

-ニュース

執筆者:

関連記事

50年前のオリンピック表彰式で起きた事件!ある男性の勇気ある行為が人生を大きく狂わせてしまうことに!

1968年のメキシコ五輪の表彰台で黒人選手が人種差別に抗議を示す行動をして大ブーイング。 これに同調した白人選手も非難を浴び、人生が大きく狂ってしまうことに・・・

サカイ引越センターの暴行動画がヤバい!先輩が後輩を殴る蹴るのパワハラが発覚!

\♡『いいね』お願いします♡/ サカイ引越センターの暴行動画がヤバい… 先輩が後輩を殴る蹴るのパワハラが動画にて発覚しました。

20年前に失踪した男性!Googleマップで見つかる!

20年前に失踪した男性…Googleマップで見つかる…

日本気象協会を装い詐欺メール『お住いの地域に災害が起こる危険性が・・詳しくは⇨』クリックするとウイルス感染!

日本気象協会を装い詐欺メール 『お住いの地域に災害が起こる危険性が・・ 詳しくは⇨』クリックするとウイルス感染!

新年早々の放送事故!強制的にCMへ!朝青龍に負けたボブ・サップがいきなり誘拐事件のカミングアウト!

新年一発目の放送事故! しかも、強制的にCMへ…。 ボブサップが試合後の感想で誘拐事件の被害をカミングアウトし現場騒然…。