豆知識

未だ解明されていない古代建造物の謎!古代には高度なテクノロジーが存在していた!

投稿日:

未だ解明されていない古代建造物の謎…
古代には高度なテクノロジーが存在していた…

 

いまだ解明されていない古代建造物の謎

エジプトのピラミッドは何世紀にも渡り、
人々を驚かせてきました。

定説によるとエジプトの大ピラミッドは紀元前2550年頃、
クフ王によって建てられ、建設には20年の月日を要し、
2万人の労働者がいたと伝えられています。

しかし、ロープと滑車を備えた木製の道具しかない時代に
少ない労働者によって巨大な建造物が
わずか20年で建設されたと信じるのは難しい。

そんな中、世界では多くの学者たちが
ピラミッドは高度な文明によって建造されたと主張しています。

今回は古代エジプト文明において
高度なテクノロジーが存在していた根拠を紹介します。

ピラミッドは人力では作れない?

ピラミッドの大きさを見ただけでも
未知なるテクノロジーが存在したことがわかります。

ギザの大ピラミッドは三大ピラミッドのうち最大で
世界最大の建造物である。

そして、ピラミッドには1個、2.5〜15トンの石のブロックが
230万個も使用されています。

考古学者によると労働者たちは近くの採石場から採掘し、
運んだと言われています。

しかし、この驚異的な重さの石のブロックを
労働者はどのように運んだのでしょうか?

ブロックを木に乗せて押して運んだと考えられていますが
これは巨大な石の重さに耐えうる材質・木材の種類が
それほど多くないことから現実的ではありません。

ピラミッドの建設期間で計算すると完成させるには
3分ごとに1つのブロックを設置することになります。

これを人力で行うのは到底不可能でしょう。

高精度すぎるドア

一時期、ピラミッドには巨大な旋回ドアがありました。
それはピラミッドの開口部に完璧に収まっていた為
巨大なドアだとは気づかなかったそうです。

このような旋回ドアはピラミッドが最初に調査された時に発見されました。

ドアは完璧なバランスが取られていたため、
内側から最小限の力で開ける事が出来た。

なんと人間の片手で約20トンの扉を開ける事が出来たのです。

どのようにしてエジプト人がこの高精度のドアを切り出して
設置する事が出来たかは未だ謎に包まれています。

正体不明のモルタル

ピラミッドの建造には石と石を接着するための
モルタルが使用されています。

しかし、そのモルタルを何度も分析したが
全ての組成は判明しておらず、
現代技術では未だにそれを再現する事が出来ていません。

しかも、驚くべきことにこのモルタルは
石自体よりも強く、何千年もの間、その場所にとどまっているのです。

続きは、次ページでをご紹介します!

 

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

ヒートテックに潜む危険性!着ている方は気をつけて!

ヒートテックに潜む危険性…着ている方は気をつけて!

カップルの寝方でわかる心理と相性!向かい合って寝るカップルは危険?

カップルの寝方でわかる心理と相性… 向かい合って寝るカップルは危険?

外れてしまったチャックのジッパーを治す方法!目からウロコだと話題に!

外れてしまったチャックのジッパーを治す方法…目からウロコだと話題に…

血管を綺麗にし心臓発作予防してくれる食品20選!これで健康的に食べて長生きできる?

血管を綺麗にし心臓発作予防してくれる食品20選… これで健康的に食べて長生きできる?

男性は知らない女子トイレの現実!女子トイレあるあるが話題に!

男性は知らない女子トイレの現実…女子トイレあるあるが話題に…