体験談

嫁が妊娠したと嫁父から聞かされた!しかし、俺の子ではなかった…その後、俺と嫁は!

投稿日:

嫁が妊娠したと嫁父から聞かされた…
しかし、俺の子ではなかった…その後、俺と嫁は…

 

嫁が妊娠したと嫁父から聞かされた…

俺が家に帰るとテーブルの上には妻からのメモが置かれていた。

「しばらく実家に帰ります」

これがすべての始まりだった。

妻の携帯に電話をしても出てくれないので
メールを送ってみると大変な事が起きた。

「気持ちの整理がつくまで待ってほしい」

という妻からの返事だった。

妻の実家も都内にあるので今度の週末にそっちに行くとメールをしたら、
翌々日の遅い時間になって妻ではなく妻の父が1人で俺の元にやってきた。

どうやら会社の帰りのようでとても深刻な顔をしていた。

俺は「なんでしょうか?」と聞くと義父はこういった。

義父:「 本当に申し訳ないと言い、娘が妊娠した。
娘が言うには、それは貴方の子ではないと。 」

どうやら、妻は実家に帰る前に生理がこなかったので
産婦人科に行って確認をしたそうです。

義父:「貴方とは避妊していたので多分、
貴方の子供ではないと娘は言ってる。 」

俺が

「それじゃ誰の子か?」

と問いただしたのだが、
何も答えてはくれない。きっと、誰かと浮気でもしたのだろう。

そうじゃなきゃ、妊娠するわけがないのだ。

義父:「貴方の子供でなければ実家に逃げ帰ることもないはず。私も妻も大変なショックだった。 こんなふしだらな娘だとは思いも寄らなかった。 」

何度相手のことを聞いても、白状してくれないそうだ。
義父がうちに来ることは妻には言っていないという。

さらに義父はこう続けた。

義父:「娘に堕胎を進めたが、産みたいと言って聞かない。
自分の娘とは思えない。 一体、どうするつもりか?
お詫びのしようもないがこんな娘だから
貴方と離婚させるしかないと考えて今日は伺った。
手塩をかけて育てた一人娘を非難せざるを得ない
義父の心情を考えると何も言えなかった。 」

体を小さくした義父の態度と血の気を失ったような顔を見れば
事実を告げているのが分かった。

この時、俺は28歳で照射に努めており、
資源関係の仕事だったので、年に何回も海外に行っていた。

妻とは同期入社をしており、
初めて会ったときに「この人だ!」とピンときたのだ。

妻もこの人と結婚するかもしれないと思ったそうで、
すぐに俺たちは付き合い始めた。

入社してすぐに結婚するわけにはいかなかったので
2年ほど婚約期間を置いて結婚をしました。

そんな結婚からまだ3年も経たない頃だった。
義父が帰ってからもまったく頭が回らない。

浮気をして妊娠をしたとは離婚は避けられないだろう。

妻の妊娠ということと
離婚という文字が頭に浮かんで俺はたじろいでいた。

しかし、妻が浮気をしていたとか
裏切られたという事にショックは受けていなかった。

続きは、次ページでをご紹介します!

 

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

彼『お前のヴェルファイア貸して。後輩を乗せるから』私「自分の車は?」彼『軽で恥ずかしい…』私「は?」⇨結果!

彼『お前のヴェルファイア貸して。後輩を乗せるから』私「自分の車は?」 彼『軽で恥ずかしい…』私「は?」⇨結果…。

「なぜ」を解決する力を養わせてくれた理科の先生!こんな大人になりたいと話題に!

「なぜ」を解決する力を養わせてくれた理科の先生…こんな大人になりたいと話題に…

日本人追放に成功した韓国人!予想もしなかった現実に愕然!

日本人追放に成功した韓国人… 予想もしなかった現実に愕然…

パソコンで作成するよう渡されたメモ紙!完璧に仕上げ提出したら激怒された理由!

パソコンで作成するよう渡されたメモ紙… 完璧に仕上げ提出したら激怒された理由…

ある日水道局のお兄さんが訪ねてきた際、女性が玄関のチャイムが鳴ってすぐに扉を開けた!すると、こんなことを言われたのだとか!

ある日水道局のお兄さんが訪ねてきた際、女性が玄関のチャイムが鳴ってすぐに扉を開けた…すると、こんなことを言われたのだとか…