体験談

4年の闘病の末にガンで亡くなった9歳の息子!その時母は一滴の涙も流さなかった!

投稿日:

4年の闘病の末にガンで亡くなった9歳の息子…
その時、母は一滴の涙も流さなかった…

 


親にとって、子供の存在って大きいですよね。

子供のためなら、どんな困難でも立ち向かえる!という人が大半だと思います。

その子供が病気になったとしたら、
自分の命と引き換えに助けてほしい!と考える人も多いはず・・。

年の闘病の末にガンで亡くなった9歳の息子!

神奈川県に生まれたある男の子がガンになってしまい、
4年もの闘病生活の末に亡くなってしまいました。

その時、母親は一滴の涙も流さなかったといいます。

1992年に神奈川県に生まれた山崎直也くん。

小さい頃は活発で、ごく普通の元気な男の子だったそうです。
それなのに、わずか5歳で病気を発症してしまいました。

直也くんの病名は「ユーイング肉腫」と呼ばれる悪性のガンでした。

この「ユーイング肉腫」とは、

ユーイングという人が最初に報告した肉腫です。
ユーイングは骨髄の血管の細胞が腫瘍化したものと考えましたが、
現在もその腫瘍細胞がどこから発生したものかはっきりしていません。
悪性骨腫瘍全体の5%前後とまれな腫瘍で
20歳までに約4分の3の人が発症し、骨肉腫と同じくらいか
もう少し年少の年代に多いようです。

10万人に1人という非常に稀な病気で
骨の腫瘍のため転移もしやすい病気です。

放射線治療や抗がん剤での治療を行い、
一時は学校にも通えた時もあったそうです。

直也くんは辛い治療を行いながらも、
再発と手術を繰り返さなければならない状況でした。

そんな彼をそばで支えていたのが、
母親の敏子さんです。

壮絶な治療に耐える息子の姿を見て、
敏子さんは「できることなら代わってあげたい。」と
直也くんに言ったそうです。

すると直也くんはそのたびに力を込めて

『ダメだよ』とかぶりをふり、『ナオでいいんだよ。
ナオじゃなきゃたえられない。おかあさんじゃむりだよ』

きっぱりとそういうのです。

辛いだろうに母親を励ます直也くん。
これだけでもちょっとウルっとしてしまいますよね。

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

パン屋さんのパンを鷲掴みした我が子!周囲も固まる中、両親の対応が躾の見本だと称賛!

パン屋さんのパンを鷲掴みした我が子… 周囲も固まる中、両親の対応が躾の見本だと称賛…

わがままな年寄り患者を一発で黙らせた医者の言葉!悪心を諭す仏様のようだと話題に!

わがままな年寄り患者を一発で黙らせた医者の言葉… 悪心を諭す仏様のようだと話題に…

素敵なパパさんのオムツ替え動画… こうやればオムツ替えも楽しくなると話題に…

素敵なパパさんのオムツ替え動画… こうやればオムツ替えも楽しくなると話題に…

逆さ地図から日本を見ると!悲劇の知日家・朴鉄柱氏の目に映った日本とは!

逆さ地図から日本を見ると… 悲劇の知日家・朴鉄柱氏の目に映った日本とは…

約740万円で公衆トイレをワンルームマンションに変えた女性!素敵なマイホームに大変身!

約740万円で公衆トイレをワンルームマンションに変えた女性… 素敵なマイホームに大変身…