体験談

妹を溺愛していた父が亡くなった!葬儀の時、ファザコンだった妹が不気味に笑っていた理由!

投稿日:

妹を溺愛していた父が亡くなった…
葬儀の時、ファザコンだった妹が不気味に笑っていた理由…

 

妹を溺愛していた父が亡くなった!


4年くらい前のことなのだが、
父が肺がんで亡くなってしまいました。

過労やストレスなどもあって、
余命半年と言われていたところ2か月で亡くなりました。

父はとっても子煩悩だったので、
遅くにできた末の妹をとっても可愛がっていました。

そして末の妹も極度のファザコンと言えるくらいに
父にべったりしていました。

「いつも笑い顔でいろ」と言う父の言葉を体現するかのように

妹は太陽のように明るい笑顔。

生まれた時から、妹は内臓に疾患があって
病弱だったけど父はそれでも大変可愛がってました。

父が倒れてから妹は東京での仕事を辞めて帰郷し、
付きっ切りで看病しました。

変わり果てた父の傍で妹はいつも
手を握って話しかけて居ました。

「父ちゃん、あれ(テレビに映ってる食べ物)美味しそうだね、
父ちゃん早く治ってよ。

兄ちゃんに連れてってもらおう」

笑顔でうなずく父。

「父ちゃん、父ちゃんが知らない美味しいお酒、
いっぱい私知ってるよ。

父ちゃんへのお土産にも買ってきたよ。

だからね、父ちゃん、一緒に飲もうね。
おうち帰って、一緒に飲もうね。

父ちゃんの好きなレバニラとか塩ホルモンも食べようよ」

酒好きの父の影響は俺と妹にも受け継がれています。
酒の話をすればとてもうれしそうになる父でした。

思い出の曲を静かに歌う妹とその歌声に耳を傾ける父。

「お馬の親子」という曲は
父がまだ幼かった妹を背中に乗せて歌っていたのです。

散歩に出かけた時も
手をつなぎながらいつも一緒に歌っていました。

父が携帯電話を持った時、
妹は父からの着信音を「お馬の親子」にしていたくらいです。

父が亡くなった日の夕方に、父は妹に「休め」と
口の動きで伝えていました。

それを見て、妹は渋っていたのですが、
父がしつこくいうので付き添いの人用の仮眠室に行ったそうです。

そして、父は亡くなってしまいました。

妹以外の家族と兄弟たちに見守られて旅立ちました。

仮眠室で眠っていた妹が起こされ、
父のそばに行くと手を握りながら大きな声で
10分くらい大泣きしていました。

病棟に響き渡る大声でしたが、
妹が父のことで泣いたのはそれっきりでした。

> 続きを読む 

-体験談

執筆者:

関連記事

結婚式のご祝儀袋になぜか3万と11円が入っていた!理由を友人に尋ねると返ってきた答えが素敵だった!

結婚式のご祝儀袋になぜか3万と11円が入っていた… 理由を友人に尋ねると返ってきた答えが素敵だった…

上場企業に採用通知にお祈り返しをした結果!その対応に唖然としてしまう!

上場企業に採用通知にお祈り返しをした結果…その対応に唖然としてしまう…

経験者が伝える大きな揺れや津波よりも何より恐ろしいこと!本当に風化させてはいけない!

経験者が伝える大きな揺れや津波よりも何より恐ろしいこと… 本当に風化させてはいけない…

お散歩に出た愛犬が雨に濡れた子猫を連れて帰ってきた!優しい世界だと話題に!

お散歩に出た愛犬が雨に濡れた子猫を連れて帰ってきた…優しい世界だと話題に…

たった1枚の写真で人生が終了してしまった人たち!炎上は完全に自業自得だった!

近年はスマホなどの便利なアイテムによって、 手軽に撮影した画像をネットのSNSに投稿することも簡単です。 昔なら考えられないことです。 しかし、そのたった1枚の写真が人生を変えることもあります。