驚き

実在するとは思えない化け物のような生物!怖くて奇妙な生物が沢山いた!

投稿日:

実在するとは思えない化け物のような生物…
怖くて奇妙な生物が沢山いた…

 

実在するとは思えない化け物のような生物!

世の中にはあまり見たこともない変わった生物が沢山います。

ラブカ

ラブカは水深500〜1000メートルに生息。
肌は黒褐色で、口の中から外に向かって小さく鋭い歯が張り出しています。

エラ穴がサメよりも一つ多く、6対あるなど、
古生代のサメの祖先に特徴が似ているという。

サメを生きた化石と呼ぶことは多いですが、
実際に生きた化石と呼ばれるほど長い時間の間
その種を存続させてきたサメはラブカぐらいです。

ラブカは3億5000万年前にも生きていたといわれている
非常に歴史の長い生きた化石です。

ルブロンオオツチグモ

南米ベネズエラのアマゾン川流域のジャングルに住む子どもたちにとって
世界最大種の毒グモとして知られている
「ゴライアスバードイーター(ルブロンオオツチグモ)」

捕獲の為の道具は棒1本のみ。

子どもたちはクモを捕る楽しみとスリルを味わいながら、
素手でつかんで葉っぱにくるみ火であぶってりこんがり焼いて、
シーズニングソルトをつけて美味しく頂くそうです。

ヤツメウナギ

全国の河川に分布しており、
北海道、新潟県、山形県、秋田県などの日本海に注ぐ河川で多く獲れます。

食用にも適したウナギの仲間で
ヤツメウナギの肉は一般的なウナギとは異なり
硬くて弾力に富む。

蒲焼としてよく食べられています。

ダイオウホウズキイカ

世界一巨大な無脊椎動物として
広く知られているのはダイオウイカですが、
このダイオウホウズキイカは
それをも上回る可能性が指摘されています。

胴の長さだけで4m。ダイオウイカに比べて
はるかに巨大で全長18m以上に達する超巨大イカです。

タスマニアオオガニ

別名タスマニアオオガニは世界大級のカニとして知られる、
深海〜漸深海性の大型甲殻類。

その名の通り、タスマニア島周辺の海域を主な産地としており、
当地における重要な水産物でもあります。

脚を広げた大きさは日本にも産するタカアシガニに軍配が上がるが、
タスマニアンキングクラブのビジュアルインパクトはそれにまったく劣りません。

ブラジルで発見された全長8mのアナコンダ

ヒゲワシ

主に山岳地帯に生息するヒゲワシは全長115cm。
翼を広げると時には3m近くになるそうです。

主に動物の死骸の腐肉を食べるそうで
骨やカメ等の硬い獲物を上空から岩の上などに落として割り、
中身を食べる技の使い手なのだそうです。
岩棚に営巣し、1個の卵を産むという。

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

アラフォー世代にはたまらないバラエティー番組のキャラクター画像10選

\News BFC に『いいね』お願いします/ アラフォー世代にはたまらないバラエティー番組のキャラクター画像10選をご紹介します! 思わず懐かしくなるお笑い芸人のキャラクター① アラフォー世代の青春 …

中国の物乞いビジネスの実態!物乞いの稼ぎ方がエグかった!

中国の物乞いビジネスの実態… 物乞いの稼ぎ方がエグかった…

鼻から入って頭部から出てきたゴキブリ!夜眠れなくなると話題に!

鼻から入って頭部から出てきたゴキブリ… 夜眠れなくなると話題に…

寝取って自分の嫁にするレイプ婚!封印された日本の風習(おっとい嫁じょ)が胸糞すぎる!

誘拐して寝取り自分の嫁にするレイプ婚… 鹿児島にあった日本の風習(おっとい嫁じょ)が胸糞すぎる…

ライブハウスで無観客ライブ配信!とあるライブハウスでのエピソードが話題に!

ライブハウスで無観客ライブ配信…とあるライブハウスでのエピソードが話題に…