豆知識

地球を地下へ掘っていくとどうなるのか?地下にはロマンが沢山あった!

投稿日:

地球を地下へ掘っていくとどうなるのか?
地下にはロマンが沢山あった…

地球を地下へ掘っていくとどうなるのか?

地球を地下へ向かって行ったらどうなっているのでしょうか?
マグマ?そうかもしれません。

都市伝説では地底人がいるかもしれないという話もあります。

地球空洞説によると地球の内部は空洞であり、
太陽があったり巨大生物がいるそうです。

実際、地球の地下はどうなっているのか調査されたことがあります。

西ロシアの奥地、極寒の砂漠地帯に
科学的実験が行われた残骸がありました。

この穴はコラ超深度掘削杭と言われ、
およそ12,000メートルあります。

海の深度よりも深く、世界で最も深い穴と言われています。

この穴は1970年代から採掘が始まり、
24年間掘り続けました。

「私たちが住む大地の下はどうなっているのか?」

ソ連の科学者が調べようとしました。

地底12,000メートルで発見したもの!

1.大量の水

まず一つ目が超深度エリアに大量の水があったことです。
科学者たちはまさか水が見つかるとは思っていませんでした。

地下水と違い、岩石が破砕され、
深部由来の水が詰まっていました。

また、驚いたことに生物はいないと思われていましたが
深度6.7キロのところで20億年前の地層に存在していたと見られる
小さなプランクトンの化石が発見されました。

このコラ超深度掘削杭計画は地下12000メートルを超えた地点で
想像以上の高温(地温180度)に遭遇し、
残念ながら1990年代に中止されています。

また、学者たちや作業員を悩ませる不可解な出来事もあったそうです。

地下深部から悲鳴のような奇妙な音が聞こえてきました。
通称「地獄の音」と呼ばれています。

■地獄の音の動画

引用:https://www.youtube.com/watch?v=0IZ6_ji6tG0

ドリルを引っ張られたり、
ドリルが引っ張られて消えたことも・・・

日本でも新潟で資源調査のために掘られた6,300メートルの穴でも
底面の温度は200度前後まで上昇したそうです。

2.卵の殻

採掘に24年間をかけたコラ超深度掘削杭は
地球の中心部までの道のりが0.002%でしかありません。

地球は大きく分けて3つの層からできています。
表面を地殻が覆い、その下にマントル、中心部に核です。

卵に例えるなら
地殻は卵の殻でマントルは白身、核が黄身といった具合です。

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

パチンコ屋がどんどん潰れている理由5選!これは確かに潰れちゃう!

パチンコ屋がどんどん潰れている理由5選… これは確かに潰れちゃう…

白いテープを毎日小指に巻いている同僚!その理由を聞いて驚き!

白いテープを毎日小指に巻いている同僚…その理由を聞いて驚き…

非常口マークの色の違いの意味…意外と知らないと話題に!

非常口マークの色の違いの意味… 意外と知らないと話題に…

焼き鳥屋『鳥一代』の切なる願い!あなたの焼き鳥の食べ方はどっち?

焼き鳥屋『鳥一代』の切なる願い…あなたの焼き鳥の食べ方はどっち?

もし日本が第二次世界大戦で勝っていたら!衝撃の展開になっていたかもしれないと話題に!

もし日本が第二次世界大戦で勝っていたら…衝撃の展開になっていたかもしれないと話題に…