驚き

世界一精力旺盛な男性と結婚した女性の末路!こんなに辛い病気だと思ってなかった!

投稿日:

世界一精力旺盛な男性と結婚した女性の末路…
こんなに辛い病気だと思ってなかった…

世界一精力旺盛な男性。

それは持続性性喚起症候群(PSAS)という
どんな時でも四六時中オーガズムを感じてしまう
特殊な病気だそうです。

この病気はごく最近の2001年に見つかった病気です。
これまでにもしかしたら発表されなかっただけで
実は多くの人がこの病気に苦しんでいたのではないかと思われています。

聞きなれないこの病気は性的欲求が常に起こり、
抑制をすることもできず、身体にも心にも精神的な負担を与えるほどの
性的刺激を感じ続けなければいけない病気です。

日本では認知度も低く、
病名を耳にたこともほとんどないかと思われます。

症状が悪化すると部屋から出ることも困難となり、
働くことも難しくなります。
更に原因は不明とされ、治療法も確立されていません。

持続性性喚起症候群(PSAS)とはどんな症状?

持続性性喚起症候群
(persistent sexual arousal syndrome)の症状は
患者が性的興奮する状態でもないのに関係なく、
性的な快感を常に感じ続ける症状です。

女性が発症すると思われていた病気ですが、
男性の発症も確認されています。

性的なシチュエーションではないところでも1日に何度も繰り返してしまう性的興奮状態。

そんな病気を持つ米男性が

「早く治療法を見つけて欲しい。人生もうヘトヘトです」

と苦悩を告白して波紋を広げています。

アメリカのウイスコンシン州に住む2児の父、デール・デッカーにとって
精力絶倫の男性やセックスし足りない女性の妄想が
悩める現実となってしまいました。

実は彼、1日に何十回もオーガズムに達するのです。
一部の人には夢のように聞こえるかもしれませんが、
彼にとっては地獄のようだと言います。

世界一精力旺盛な男性!

デールがこの状態になってしまったのは
2012年に椎間板ヘルニアを経験したときでした。

腰に痛みを覚えて病院に向かう途中、
当時37歳だった彼は別の異変に気づきます。

なんと道中、5回もオーガズムを迎えたのです。
それ以来、オーガズムが容赦なく繰り返し彼を襲うようになりました。

11歳と12歳の息子たちが起きていようが眠っていようが、
デールは常に意志とは関係なく
オーガズムを日中に何度も経験しているのです。

この症状は空想上の絵空事ではなく、彼の持つ身体的病気です。

残念なことにこうした症状はほとんど報告されることがなく、
医師の間でもそう認知されていないため、
多くの医師は診断を出すことができずにいます。

持続性性喚起症候群(PSAS)と呼ばれるこの病気を持つ患者の中には
1日に100回以上絶頂に達する人もいるそうです。

辛すぎる毎日!

患者たちはほぼ絶えず性的に興奮状態にあり、
これは不快な痛みも伴います。

望まないオーガズムはバスに乗っていて感じる揺れのような僅かな振動や
騒音で引き起こされてしまうこともあります。

デールは何時間も続く勃起に悩まされることもありました。
この症状のせいで彼は外で働くことができず、
公衆の面前で恥ずかしい発作に襲われるのではないかという恐怖を
抱えながら家に引きこもるようになりました。

この病気は彼と子どもたちとの関係にも影を落としています。
彼は自分を恥じて子どもたちと深い人間関係を築けるにいるのです。

子どもたちはまだ幼く、
自分がどんな状況に見舞われているかを
説明するのは難しいということもあります。

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

これは怖すぎてひとりで見れない!よく見るとゾッとする画像15選!

心霊などの恐怖写真も多いですので、苦手な方はご遠慮ください…。 よく見るとゾッとする画像15選をご紹介します!

毎月やってくる女性の生理を擬人化するとこうなる!?そのクオリティの高さに女性からは共感の声!

\News BFC に『いいね』お願いします/ 毎月やってくる女性の生理を擬人化するとこうなる!? そのクオリティの高さに女性からは共感の声も… 来ると憂鬱だけど来ないと不安になる生理… 出典:itm …

アルコール中毒になった女子大生!瀕死の状態の自分をSNSに投稿した理由に言葉を失う!

アルコール中毒になった女子大生… 瀕死の状態の自分をSNSに投稿した理由に言葉を失う…

慰安婦問題の真実!当時の日記を学者が分析した結果、衝撃のセレブぶりが明らかに!

慰安婦問題の真実… 当時の日記を学者が分析した結果、衝撃のセレブぶりが明らかに…

タンポンを股の間に入れた女性モデル…結果!片足を失うことに!

2012年、モデルのローレン・ワッサーは、右足の膝から下を切断することになりました。 その原因となったのは生理用品のタンポン。 今回はあまり知られていないタンポンに潜む危険性を紹介します。