豆知識

浸水・水没した車に触ってはいけない!二次被害が減る正しい知識が広まってほしい!

投稿日:

浸水・水没した車に触ってはいけない…
二次被害が減る正しい知識が広まってほしい…

2018年7月6日から西日本を中心に降り続けた記録的な豪雨により、
家屋浸水や土砂崩れなど各地で甚大な被害が相次いでいます。

また、連日放送されるニュースには
多くの車が水没している様子が映し出されていました。

そこで大雨で水没してしまった車の所有者に向けて
国土交通省は感電事故や車両火災の危険性があると
注意を呼びかけました。

浸水・水没した車に触ってはいけない!

国土交通省

@MLIT_JAPAN

【大雨で浸かったクルマ、水が引いても使用しないで】
見た目は大丈夫そうでも、感電事故、車両火災の危険あり!
自らとクルマの安全のため、自分でエンジンをかけないでください。
また、バッテリーのマイナス側のターミナルを外してください。
詳しくはこちら↓http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr09_000100.html 

引用:http://twitter.com/MLIT_JAPAN/status/1015162615406792705

大雨で水没してしまった車は
水が引いて外見上問題がなさそうに見えても
感電事故や電気系統のショートなどによる
車両火災が発生する可能性があるそうです。

通行の妨げにならないよう
浸水・冠水した車両を移動させる必要がある場合はエンジンをかけず
シフトレバーをニュートラルにして押して移動することが望ましいです。

特にハイブリッド車や電気自動車は高電圧のバッテリーを搭載してるため、
感電を避けるためにもむやみに触れてはいけません。

水没被害を受けた車両のユーザーに
国土交通省は以下のような対処を紹介しています。

1.自分でエンジンをかけない

2.使用したい場合は自動車販売店もしくは最寄りの整備工場などに相談する

3.発火のおそれがあるため、使用するまでは
バッテリーのマイナス側のターミナルを外しておく

使用するまでの間はバッテリーのマイナス側のターミナルを外しておくといいようです。
とはいえ、車の点検は店に任せ、
まったく整備したことがない人の場合は
慣れないバッテリーをいじることで感電する恐れがあります。

そういった場合はいじらず、近寄らずに
すぐに整備工場や販売店に相談するほうがいいかもしれません。

また、日本自動車工業会(JAMA)が動画をアップロードされています。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=F1mRl8A40Xg

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

インドネシアで発見された小型の人類「ホビット」急速な進化を遂げていた!

インドネシアで発見された小型の人類「ホビット」急速な進化を遂げていた…

映画「ボヘミアン・ラプソディ」のライブエイドシーン!実際の撮影風景がシュールだった!

映画「ボヘミアン・ラプソディ」のライブエイドシーン… 実際の撮影風景がシュールだった…

流出したアムウェイの勧誘トークの手順!勧誘されたら気をつけて!

流出したアムウェイの勧誘トークの手順… 勧誘されたら気をつけて…

夜のお店の接客マニュアルが流出!知りたくなかったと話題に!

夜のお店の接客マニュアルが流出… 知りたくなかったと話題に…

超簡単な吹きこぼれ防止の裏ワザ!たったコレだけで!?

超簡単な吹きこぼれ防止の裏ワザ…たったコレだけで!?