驚き

今までに見つかったデカすぎる恐怖のヘビ7選!デカすぎて衝撃を受けるレベルだった!

投稿日:

今までに見つかったデカイ恐怖のヘビ7選…
デカすぎて衝撃を受けるレベルだった…

今までに見つかったデカすぎる恐怖のヘビ!

日本で大きなヘビといえばアオダイショウですが
世界にはアオダイショウが可愛らしく見えてくるくらい
大きなヘビが存在しています。

今回はそんな今までに見つかったデカすぎる恐怖のヘビを紹介します。

1.川に潜むアナコンダ

ブラジルのアマゾン川をボートで進んでいる最中に
超巨大なアナコンダを発見した一行。

同乗していた女性は悲鳴を上げますが
現地ガイドらしき男性は恐ろしいことにこの大蛇を
捕獲しようと太い尻尾に手を伸ばします。

アナコンダは成長すると4メートル、
大きなものでは9メートルにもなるという世界最大級のヘビで
哺乳類や魚はもちろんワニまでも捕食する強者です。

二度ほど尻尾を掴んでボートごと引っ張り、
アナコンダの姿を楽しんだ後、解放したようですが
一歩間違えれば水中に引きずり込まれて
丸呑みにされていてもおかしくはありません。

慣れているのでしょうがとんだ命知らずがいたものですね。

2.10メートルの大アナコンダ

こちらもブラジル。

ダムの工事で爆破作業を行なっていた作業員が
体長10メートル、体重400キロ、
胴の太さは一番太いところで1メートルにも及ぶ
巨大なアナコンダを発見したそうです。

爆破による落下物か爆破そのものの衝撃によって
アナコンダの頭は潰れており、
残念ながら発見した時にはすでに死んでいたとのことです。

しかし、もし生きた状態で発見されていたとしたら、
世界最大のヘビとしてギネス記録を更新していただろうとも言われているだけに
発見された際の状況が悔やまれます。

3.ナブー

ボルネオのバーレー川上空を飛んでいたヘリコプターから
川の中に潜む巨大な蛇のような生物が撮影されました。

ボルネオの先住民の間には
ナブーという大蛇の伝説が存在しており、
撮影された蛇のような生物はこのナブーなのではないかと囁かれています。

伝説によるとナブーは体長30メートル以上、
ドラゴンの頭を持ち、鼻の穴が7つもあるといいます。

ただ、普段から茶色く濁っているバーレー川が
青い川として写っていることやこのヘビの撮影者が
洪水の調査に来た災害チームのスタッフだということ以外
詳しい情報が伏せられていること、
目撃情報がこの撮影者のものしかないことなどから
フェイクなのではという疑問も多くの人から出ているようです。

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

メルカリに本当に出品された驚きのモノ8選!ネットの恐ろしい一面が話題に!

メルカリに本当に出品された驚きのモノ8選… ネットの恐ろしい一面が話題に…

スタバ店員が吃音症の男性客にした最低行為に批判殺到!これは許せない!

スタバ店員が吃音症の男性客にした最低行為に批判殺到・・・ これは許せない!

リフトと一部コースが閉鎖されていたため管理人の人に事情を聞いてみた!とある男性がスキー場に訪れた時のゾッとするエピソードが話題に!

リフトと一部コースが閉鎖されていたため管理人の人に事情を聞いてみた…とある男性がスキー場に訪れた時のゾッとするエピソードが話題に…

子どもが子どもを殺すメアリー・ベル事件!世界が震撼した事件の闇は深かった!

子どもが子どもを殺すメアリー・ベル事件… 世界が震撼した事件の闇は深かった…

飲み物を一口残してしまう理由!まさかの恐ろしい理由だった!

飲み物を一口残してしまう理由… まさかの恐ろしい理由だった…