驚き

江戸時代の死刑(処刑)制度!人間がここまで残酷になれることにゾッとする!

投稿日:

江戸時代の死刑(処刑)制度…
人間がここまで残酷になれることにゾッとする…

江戸時代の死刑(処刑)制度!

江戸時代には死罪や磔などの処刑は一般の人々に公開されたため、
大勢の見物人が見届けていました。

当時はこうしたものを見ることも
一種の娯楽のようなものだったのかも知れません。

牛裂き

罪人の両手、両足と、2頭または4頭のウシの角とを縄でつないだのち、
ウシに負わせた柴に火を点け、
暴れるウシを2方または4方に走らせて罪人の身体を引き裂き、
死に至らしめる処刑法。

鋸挽き

鋸挽き(のこぎりびき)は死刑の一で、罪人の体を鋸で挽く刑罰。

罪人を首だけ出して土に埋め、希望者に鋸で首を挽かせた。

後年には形式化し、実際に鋸で首を挽くことはなくなり、
晒した後は市中引き回しをした上で磔とした。

穴吊り

キリシタンたちに加えられた責め苦のうち
穴吊りは最も残酷な方法でした。

吊す際、体をぐるぐる巻きにして内臓が下がらないようにする。
すると頭に血が集まるのでこめかみに小さな穴をあけ、血を抜くなど
そう簡単に死なないようにし、さらに穴の中に汚物を入れ、
地上で騒がしい音を立て精神を苛んだ。

斬首刑

死刑囚の首を撥ね、死刑執行後の死刑囚の遺体は
将軍家や大名家の所有する名刀の試し斬りの道具になりました。

火炙刑

竹・茅・薪等を積み上げた柱に縛りつけた罪人に火をつけ焼き殺す系で
放火犯に対して公開で執行された。

釜茹で

釜茹で(かまゆで)とは大きな釜で熱せられた湯や油を用い、
罪人を茹でることで死に至らしめる死刑の方法である。

京都で処刑された五右衛門の処刑方法は
地獄における刑罰の再現ともいえる。

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

猛毒キノコ「カエンタケ」の恐怖!触るだけで灼熱の激痛・生命の危険が!

猛毒キノコ「カエンタケ」の恐怖…触るだけで灼熱の激痛・生命の危険が…

コロナの影響で経済が悪化!ローソン行ったらレジで恐怖の手紙みたいなの袋に入れられてた!

コロナの影響で経済が悪化…ローソン行ったらレジで恐怖の手紙みたいなの袋に入れられてた…

毎年5000人が死亡するビクトリア湖!世界一危険な湖の不思議な現象が話題に!

毎年5000人が死亡するビクトリア湖… 世界一危険な湖の不思議な現象が話題に…

北朝鮮が他国に見せられない本当の生活実態!見せられない写真の数々が公開される!

最近、何かと世間を騒がせている北朝鮮。 謎めいている国として有名で世界で最も閉鎖的な国としても知られています。 今回はそんな北朝鮮の他国に見せられない本当の生活実態を紹介します。

道端に落ちている赤い封筒は絶対に拾ったらダメ⇒警察ですら拾わない理由に驚き…

\News BFC に『いいね』お願いします/ 道端に落ちている赤い封筒は絶対に拾ったらダメ! 警察ですら拾わない理由に驚き… 番組で紹介された台湾の不思議 世界のクレイジーなカルチャーを届ける番組で …