驚き

江戸時代の死刑(処刑)制度!人間がここまで残酷になれることにゾッとする!

投稿日:

江戸時代の死刑(処刑)制度…
人間がここまで残酷になれることにゾッとする…

江戸時代の死刑(処刑)制度!

江戸時代には死罪や磔などの処刑は一般の人々に公開されたため、
大勢の見物人が見届けていました。

当時はこうしたものを見ることも
一種の娯楽のようなものだったのかも知れません。

牛裂き

罪人の両手、両足と、2頭または4頭のウシの角とを縄でつないだのち、
ウシに負わせた柴に火を点け、
暴れるウシを2方または4方に走らせて罪人の身体を引き裂き、
死に至らしめる処刑法。

鋸挽き

鋸挽き(のこぎりびき)は死刑の一で、罪人の体を鋸で挽く刑罰。

罪人を首だけ出して土に埋め、希望者に鋸で首を挽かせた。

後年には形式化し、実際に鋸で首を挽くことはなくなり、
晒した後は市中引き回しをした上で磔とした。

穴吊り

キリシタンたちに加えられた責め苦のうち
穴吊りは最も残酷な方法でした。

吊す際、体をぐるぐる巻きにして内臓が下がらないようにする。
すると頭に血が集まるのでこめかみに小さな穴をあけ、血を抜くなど
そう簡単に死なないようにし、さらに穴の中に汚物を入れ、
地上で騒がしい音を立て精神を苛んだ。

斬首刑

死刑囚の首を撥ね、死刑執行後の死刑囚の遺体は
将軍家や大名家の所有する名刀の試し斬りの道具になりました。

火炙刑

竹・茅・薪等を積み上げた柱に縛りつけた罪人に火をつけ焼き殺す系で
放火犯に対して公開で執行された。

釜茹で

釜茹で(かまゆで)とは大きな釜で熱せられた湯や油を用い、
罪人を茹でることで死に至らしめる死刑の方法である。

京都で処刑された五右衛門の処刑方法は
地獄における刑罰の再現ともいえる。

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

国からの一律10万円給付の申請が各地で開始!東京では13日給付申請が開始!耳を疑うような銀行窓口での様子!

※サムネイル画像はイメージです。 国からの一律10万円給付の申請が各地で開始…東京では13日給付申請が開始…耳を疑うような銀行窓口での様子…

犯罪史上で類を見ない凄惨な事件だった!島根女子大生死体遺棄事件の真相!

犯罪史上で類を見ない凄惨な事件だった…島根女子大生死体遺棄事件の真相…

アイドルが自宅でライブ配信!背後の窓からオタクの顔が…後ろを振り返った結果!

アイドルが自宅でライブ配信していると…。 背後の窓から男性らしき顔が現れた!!

第二次世界大戦の爪痕が残る場所!70年以上経っても生々しく残っていた!

第二次世界大戦の爪痕が残る場所… 70年以上経っても生々しく残っていた…

『え、これでいいの?!』2万人の女性が『いいね』した『男性に着て欲しい服』が意外すぎる(笑)

Twitterで2万人の女性が『いいね!』した男性ファッションが『こんなのでいいの?』と話題になっているようです。