豆知識

学校から消えつつある懐かしいもの8選!時代の流れを感じさせる!

投稿日:

学校から消えつつある懐かしいもの8選…
時代の流れを感じさせる…

学校から消えつつある懐かしいもの8選!

子供の時に通った学校に大人になって行ったことはありますか?

行ってみると懐かしさとともに子供の頃にあったものが変わっている、
無くなっていると思う事もあると思います。

今回はそんな学校で消えてしまったもの
消えつつあるものを紹介します。

1.座高測定

椅子のついた身長計のようなもので測っていた座高ですが、
2014年から廃止されています。

そもそもなんのために測定していたのか?という疑問がありますが
座高が高い子供は内臓が発達していると考えられていたそうですが、
結果が活用されない、根拠がないなどの理由により
測定項目より除外されました。

2.チョーク

教室に必ずあった黒板とチョーク。
実はこのチョークも使われなくなっています。

確かにホワイトボードを使うところも増えています。

黒板にチョークで書いた方が見やすく、
目に優しいと指示する人も多かったのですが、
今後は電子黒板の普及やタブレット端末を使った授業も増えていくことから
見なくなる日も使いと言われています。

3.ライン引きの消石灰

体育の時間や運動会でグラウンドにラインを引く時に使っていた消石灰。

皮膚につくとかぶれや火傷の元となる、
目に入ると失明の危険性があるとして2007年に使用禁止になりました。

現在のラインは貝殻などを使った炭酸カルシウムなどが使用されています。

4.ぎょう虫検査

お尻にシールを貼り、はがしてたたんで提出するぎょう虫検査。
天使が検査をするイラストを覚えている人も多いと思います。

この検査は2015年に廃止になりました。

昭和30年代には4人に1人が寄生虫の卵を保有していたのですが、
年々減っていき、平成25年には0.2%まで下がったため、
広く検査する必要性がなくなったとされ廃止となりました。

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

日本に登場した謎めいた歴史上の人物5選!不思議な人物がたくさんいると話題に!

日本に登場した謎めいた歴史上の人物5選… 不思議な人物がたくさんいると話題に…

クリップやホチキスを使わずに紙をとめる方法!エコで簡単なライフハックが話題に!

クリップやホチキスを使わずに紙をとめる方法…エコで簡単なライフハックが話題に…

コロナの感染拡大の封じ込めに成功したと報じられている台湾!台湾在住の日本人ライターさんが書いた記事が話題に!

コロナの感染拡大の封じ込めに成功したと報じられている台湾…台湾在住の日本人ライターさんが書いた記事が話題に…

運転が上手い人の特徴!やはり安全運転第一だと話題に!

運転が上手い人の特徴…やはり安全運転第一だと話題に…

情報番組ひるおびで紹介された!「肺炎」と「新型コロナ」の違いが分かりやすかったとネットで話題に!

情報番組ひるおびで紹介された…「肺炎」と「新型コロナ」の違いが分かりやすかったとネットで話題に…