豆知識

75%のドライバーが間違っている危険な間違い!運転する前から間違っていた!

投稿日:

運転で一度もミスしてないという人はいませんし、ミスに気付かない時もあります。
しかしこれから挙げるミスは車の寿命を削り、事故につながる危険があります。
今回はそんな運転にまつわる75%のドライバーが間違っている危険な間違いを紹介します。

75%のドライバーが間違っている危険な間違い!

1.危険な座り方

2009年に行われた座り方についての調査では
間違った座り方のドライバーは約75%という調査結果が出ているようです。

これは腰痛や筋肉痛の原因になるだけでなく
エアバッグが開くときに怪我をしかねません。

正しく座るにはシートの高さがフロントウインドウの真ん中に
目の位置が来るようにし背もたれに深く座りましょう。

運転する時は上体を起こし、
肩が背もたれに着いてる状態を維持します。

2.シフトレバーに手を乗せたままにする

ミッションにストレスがかかったり、
振動でシフト抜けしたりする可能性があるので良くありません。
何よりも運転中は両手でハンドルを握るのが基本です。

3.クラッチを踏んだままにする

特にアイドリングストップ機能を騙すために信号待ちなどの時に
クラッチを踏んだままにしている人が多いようです。

クルマに直接ダメージを与えるわけではありませんが、
クラッチスプリングからの負荷のかかるベアリングをリリースすることになります。

このベアリングは恒久的にクラッチスプリングの負荷に
耐えるように設計されていません。
もしこの部分が壊れるとクラッチ丸ごと換装することになります。

4.ステアリングを切る

狭い場所で停止した状態からステアリングを切る行為を
頻繁に繰り返すと部品がダメになっていきます。

5.車上に積もってる雪

場所によってはルーフの上に多くの雪が乗った状態で運転することは違法です。

さらに、ブレーキをかけた時にフロントガラスに落ちて前方視界が遮られたり、
ワイパーが壊れたりします。

また走行中にクルマの後ろに落ちると後続するクルマにとって危険だからです。
もし雪国に行ったらしっかり雪を取り除いてから運転しましょう。

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

永遠の6歳「ぺこちゃん」の現在!時代の流れには逆らえなかった!?

永遠の6歳「ぺこちゃん」の現在…時代の流れには逆らえなかった!?

たくさん寝たはずなのにまだ眠い!特に女性に多い睡眠障害の5つのタイプ!

たくさん寝たはずなのにまだ眠い… 特に女性に多い睡眠障害の5つのタイプ…

もし税金がなかったらどんな生活になるのか?恐ろしい世の中になると話題に!

もし税金がなかったらどんな生活になるのか?恐ろしい世の中になると話題に…

社会人となり奨学金の返済も自分自身で行うようになり返済が苦しく!「奨学金を返済していく立場にある人へ」知っておいて欲しい情報が!

社会人となり奨学金の返済も自分自身で行うようになり返済が苦しく…「奨学金を返済していく立場にある人へ」知っておいて欲しい情報が…

日本国内の最強パワースポット4選!ぜひ訪れてみたいと話題に!

日本国内の最強パワースポット4選…ぜひ訪れてみたいと話題に…