考える

コンビニオーナーが暴露するコンビニ業界の闇7選!まさかこんなことが!

投稿日:

コンビニオーナーが暴露するコンビニ業界の闇7選…
まさかこんなことが…

コンビニオーナーが暴露するコンビニ業界の闇!

コンビニは24時間営業で
色んな商品も揃っているので重宝しますよね。
近所にコンビニがあるだけで安心感すらあるのではないでしょうか。

今回はそんなコンビニオーナーが暴露する
コンビニ業界の裏側を紹介します。

1.ドミナント方式

聞きなれない言葉ですが、
このドミナント方式は1つの地域に同じ系列のコンビニを
何店舗も出店することです。

お客の奪い合いにならないの?と思いがちですが、
コンビニ本部にしてみれば配送コストを減らすなどのメリットがあるのだとか。

しかし、コンビニオーナーとしては
もともとその地域にあったコンビニの売り上げは
やはり半減してしまうこともあるそうで、
何店舗かを同じオーナーが経営する場合もありますが、
ほとんどは別経営なのだとか。

本部としてはメリットもあるけど、
オーナーはデメリットしかないようです。

2.四生五殺

この言葉の意味は
「4000万円までは借金を膨らませて働かせ、
5000万円になると自殺するのでそれ以上の借金はさせない」
のだとか。

本部は売り上げが良い店舗の売り上げ実績を集計するシステムを分析して、
オーナーが苦労して考えたアイデアを禁止するそうです。

ドミナント方式によって近くに同じ店舗を作ることで
売り上げを落とさせて儲からない店舗は借金を背負わせて
土地と資産を奪うのだそうです。

そのため、首が回らなくなったオーナーが自殺してしまうこともあり、
多い年は1年で約10名ほども亡くなったのだとか。

3.季節商品のノルマ

クリスマスのイベントなどで扱う季節商品にはノルマがあり、
その売り上げは本部の社員の昇給や出世に繋がるそうです。

予約商品の中でも恵方巻きは特にコストパフォーマンスが悪いので
バイトが自腹購入させられる場合もあるのだとか。

オーナーには、何のメリットもないのですね。
もし予約が取れなくても大量に仕入れなければ
契約を打ち切られることも。

店側は仕入れた商品を少しでも売るために
店頭に大量に並べたりポップでアピールするなどの営業努力を行います。

ただ本部は店舗に対してノルマを課しているという意識はなく、
買取を強要する行為などの違法行為がないか指導しているとのことでした。

> 続きを読む 

-考える

執筆者:

関連記事

高速道路を逆走する人の心理!老人や女性の認識が怖いと話題に!

高速道路を逆走する人の心理… 老人や女性の認識が怖いと話題に…

信用してはいけない言葉入賞作品の銀賞⇒名言の共感の声が止まらない!

\News BFC に『いいね』お願いします/ 信用してはいけない言葉入賞作品の銀賞! その名言の共感の声が止まらない… 信用できそうだが、実は信用できない言葉① 最も信用してはいけない言葉としては、 …

「駅のホームで3歳の男の子に起きた事故」「酔っ払っていたから覚えてない」と逃走した犯人が許せない!

駅のホームで3歳の男の子に起きた事故。 「酔っ払っていたから覚えてない」と逃走した犯人の行方とは…。

交差点の真ん中で高齢者の車がとんでもない危険運転をする!危険すぎると話題に!

交差点の真ん中で高齢者の車がとんでもない危険運転をする… 危険すぎると話題に…

宇宙に旅立って行った動物たち!ライカの悲劇的な末路に胸が痛む!

宇宙に旅立って行った動物たち… ライカの悲劇的な末路に胸が痛む…