驚き

地球上に存在する危険な虫たち!遭遇したらすぐ逃げて!

投稿日:

地球上に存在する危険な虫たち、遭遇したらすぐ逃げて!

絶対に遭遇してはいけない危険な虫たち!

ジャイアントデスストーカー

ジャイアントデスストーカーは
サソリの中でも最も危ない種。

南アフリカ砂漠に生息しているので
日本にいれば遭遇することはありません。

尾がものすごく太く、注入する毒の量が圧倒的です。
しかも刺すだけでなく、
スプレーのように毒液を飛ばすことも可能だとか。

アフリカに旅行に行く際はお気をつけください。

ウマバエ(ヒトヒフバエ)

ウマバエは主に中央アメリカや
南アメリカに生息していると言われています。

動物に寄生している幼虫としてとても有名です。
気付いた時には寄生されていることがほとんどです。

ウマバエの寄生によって、感染症を引き起こす場合もあります。

しかし一番嫌なのはこの見た目。
ウマバエが自分の体やペットの体に寄生してることを
想像すると反吐が出ますね。

トコジラミ

別名「南京虫」(ナンキンムシ)とも呼ばれ、
戦後の日本で大流行しました。

その後、一時絶滅したといわれていましたが、
多くの人々が頻繁に「海外⇔日本」を行き来するようになった近年、
再び日本でも急激に被害が拡大しています。

人によく寄生する昆虫で
人以外にはあまり寄生しません。

噛まれても痛くないし、死ぬこともありませんが
ものすごくひどい痒みを引き起こします。

ネコ毛虫(プス・キャタピラー)

猫のようにふわふわした毛並みが特徴的ですが、
これは毛虫です。

アメリカ東部でよく発生しているようです。

この毛の中に人間の体に悪影響を及ぼす
毒のトゲが混じっています。

万が一、重症化してしまうと、
身体中の麻痺や呼吸困難を発症させることもあります。
絶対に触らないようにしないといけません。

> 続きを読む 

-驚き

執筆者: