豆知識

うつ病の人が話す言語的特徴!これを連発する人はうつ病の危険が!

投稿日:

うつ病の人が話す言語的特徴…
これを連発する人はうつ病の危険が…

鬱病は世界で3億5000万人が発症している病気だそうです。

日本では100人に3~7人が経験しているということで
かなりたくさんの人が鬱病と関わって生きている現状があります。

程度にもよるのですが、
見た目では鬱病だということがわからない場合もありますので
理解されにくい精神疾患の1つだというのが現状です。

そんな鬱病ですが、最新の言語分析によって
鬱病の人に見られる特有の言語的特徴があることが判明しました。

うつ病の人が話す言語的特徴!

鬱病患者さんの話す言葉には
昔から言語的特徴があるとは言われていました。

アメリカのロックシンガー「カートコバーン」や
詩人「シルヴィア・プラス」など、鬱病を患っていた人が
書いたエッセイや日記などを分析対象として、活用してきたといいます。

ただ、いくら分析をしたとしても人間の能力で
言葉遣いの細かい違いを見分けるのは
とても難しいところがありました。

そこで最新のコンピューター解析技術を使って、
「小さな異変」「よく使用される語の種類』『語の多様性」
「分の平均的長さ」「文法パターン」などを数値で計測することになったのです。

ちなみにこの研究を行ったのは
英レディング大学の心理学研究者
モハンマド・アルモサイウィ氏らの研究チームです。

ものの数分で巨大なデータ群を
分析できるコンピューターが使われており、
その数値は正確だといいます。

言語の内容と鬱病の関係!

言語には大きく分けて内容とスタイルの
2つの部分に分けることができます。

内容は言語によって表現されたもの
話された物事の意味のことです。

鬱病患者さんというのは「さみしい・悲しい・みじめ」などの
ネガティブな表現を使いがちなのは想像ができると思います。

人称代名詞の使い方!

今回の研究で明らかになったのは
そういった言語と鬱病の関係だけではありません。

鬱病患者さんは『私・あなた・彼ら』といった
「人称代名詞」を使う頻度に大きな偏りがあることも判明したのです。

英語の一人称代名詞である「me、myself、I」の使用頻度は
統計的に有意に多かったそうです。

つまり、鬱病患者さんは無意識のうちに私を中心として言語を使っており、
他者への関心が希薄だという事が分かるのです。

1人で生活の問題を考えたり、
社会的に孤独を感じるというのは鬱病の知られた特徴であり、
一人称代名詞を使う頻度の高さがその特徴を反映しているとも見られます。

しかし、一人称代名詞の使用頻度が高くなる事と
鬱病の因果関係は今回の研究ではまだ明らかになっていません。

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

絶滅と思われたところから発見、復活した生き物6選! 実は存在していたと話題に!

絶滅と思われたところから発見、復活した生き物6選… 実は存在していたと話題に…

「大人の色気スクール」55歳校長の悩殺テク!最強過ぎるその手口を大公開!

「大人の色気スクール」55歳校長の悩殺テク… 最強過ぎるその手口を大公開…

警視庁のツイッターで!マスクはつけ方も大事ですが、捨て方も大事!

警視庁のツイッターで…マスクはつけ方も大事ですが、捨て方も大事…

ホットケーキミックスなどがお店から姿を消していると話題に!転売されたものを購入してしまう人もいるようですが、転売された粉物を買うのは危険!

※サムネイル画像はイメージです。 ホットケーキミックスなどがお店から姿を消していると話題に…転売されたものを購入してしまう人もいるようですが、転売された粉物を買うのは危険…

AB型の献血が重宝される理由!数が少ないからではなく別の大切な役割があった!

AB型の献血が重宝される理由… 数が少ないからではなく別の大切な役割があった…