豆知識

ギザ10の意味と消えた理由!意外と知られていない意味があった!

投稿日:

ギザ10の意味と消えた理由…
意外と知られていない意味があった…


財布の中に昭和26年から昭和33年までに
発行された十円玉は入ってませんか?

通称「ギザ10」と呼ばれるこの10円硬貨、
実は10円以上の価値があります。

オークションやコレクターの間で通常より
高値で取引されているギザ10ですが、
年代によってその価値もだいぶ変わるそうです。

ギザ10の意味!

現在作られている10円玉にはギザギザが刻まれていませんが
なぜギザ10と言われるものが造られたのか。

ギザ10は昭和26年から33年までの間に造られた10円玉で
縁がギザギザの10円玉のことを言います。

コインの素材に貴金属が使用されていた時代、
コインのエッジ部分が削り取られてしまう事件も多かったようです。

つまり、一枚のコインのふち部分を少しだけ削り取れば
わずかな金または銀を得られ、
コインそのものは額面通りにしようしてしまうわけです。

一枚から取れる分量はほんの僅かでも
100枚、1000枚から採っていけば莫大な価値になります。

そうした変造を防止するために
コインの発行者はエッジに細工を施しました。

いわゆるギザ10のように
エッジ部分がギザギザになっているのは
その名残なのです。

また、通貨の偽造を防止の目的と他の通貨との区別する意味で
ギザギザをつけたそうです。

そして、この頃は10円が最も高価な硬貨だったため、
最高額硬貨の印として使われていたそうです。

したがって、1円玉には最初からつけられていません。

昭和30年頃には50円玉硬貨、
32年には100円硬貨がデビューしましたが
もちろんこの2種類にもギザギザがつけられました。

> 続きを読む 

-豆知識

執筆者:

関連記事

心が壊れそうになった時の対処法!もっと早く知りたかった!

「もう頑張るの疲れちゃった」「心が痛くて壊れてしまいそう」と、 なにもかもやりたくなくなる時ってありますよね。 今回はそんな心が壊れそうになった時の対処法が、話題となっているので紹介します。 心が壊れ …

飛行機に左から乗るようになった理由!意外と知られていない飛行機の起源があった!

飛行機に左から乗るようになった理由… 意外と知られていない飛行機の起源があった…

茶色い斑点があるバナナを毎日2本1ヶ月食べると身体に変化が起こる!

茶色い斑点があるバナナを毎日2本1ヶ月食べると身体に変化が起こる!

新天皇家はずっと雑種の保護犬・保護猫を飼われている!令和では保護犬・保護猫を迎えるのが普及して欲しいと話題に!

新天皇家はずっと雑種の保護犬・保護猫を飼われている… 令和では保護犬・保護猫を迎えるのが普及して欲しいと話題に…

便利で可愛くなっている裁縫道具!楽しく裁縫できそうだと話題に!

便利で可愛くなっている裁縫道具… 楽しく裁縫できそうだと話題に…