驚き

謎多き国・北朝鮮の知らなかった9の事実!完全に気が狂っている!

投稿日:

謎多き国・北朝鮮の知らなかった9の事実…
完全に気が狂っている…

北朝鮮に関しての驚くべき9の事実というタイトルで
米国のサイトが公開した9のトピックス。

謎多き国なのでその真偽の程は定かでないが、
どのような事柄が米国内で伝わっているのか紹介します。

1.大麻は合法となっている

北朝鮮では大麻を吸うことはタブー視されていない。
一般の人が日常的に吸っている。

クリスタル・メスなどの強力な覚醒剤の使用や取引は死刑だが、
大麻は違法ではなく、取り締まりもされていない

2.北朝鮮に亡命していまだに生活している人がいる

子ども時代、結婚生活、軍隊生活、すべてにうんざりだった。
私は負け犬で、行く場所はひとつだけだった。
と語るのはジェイムズ・ドレスノク。

北朝鮮へ亡命して現在もそこで生活している元米兵だ。

1962年8月、彼は北朝鮮に渡り、やはり亡命者のラリー・アレン・アブシアーと出会った。
最終的にアブシアー、ジェリー・パリッシュ、チャールズ・ロバート・ジェンキンス、
そしてドレスノクの4人は一緒に生活するようになり、
北朝鮮政府のための宣伝活動に参加するようになった。

雑誌の表紙に登場したり、拡声器で国境の米兵に亡命を促した。
当初は北朝鮮に残るつもりはなく、
1966年4人はピョンヤンにあるソ連大使館に庇護を求めて北朝鮮を出ようとしたが、
すぐに大使館によって北朝鮮当局に引き渡された。

結局、ドレスノクは北朝鮮定住を決め、現地で何度か結婚し、現在は健康が思わしくない。

3.アメリカの軍艦を拿捕したまま返さない世界でただひとつの国

1968年1月23日、北朝鮮から15マイルの国際海域で
アメリカ海軍のプエブロ号が潜艇や魚雷艇に包囲され、
上空からはミグ戦闘機に睨まれる状態に陥った。

プエブロ号は拿捕され、乗組員全員は収容所に入れられ、
北朝鮮は米側の領海侵犯だとして正当性を誇示した。

乗組員たちは一年近くも飢餓と拷問に苦しめられ、最終的には解放されたが、
プエブロ号は返還されず、いまだに北朝鮮の管理下におかれている

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

世界の地下住人が悲惨すぎる!漫画のような世界が現実にある地下住人4選!

漫画のような世界が現実にある地下住人4選をご紹介します!

サザエさんの夫マスオさんが28歳だったと判明!⇒同い年のアニメキャラを集めてみたら驚きのメンバーだった!

\News BFC に『いいね』お願いします/ サザエさんの夫マスオさんが28歳だったと判明! 同い年のアニメキャラを集めてみたら驚きのメンバーだった! マスオさんと同じ年のアニメキャラを集めたら① …

史上最もイかれた12の拷問方法!どれも残虐すぎる!

史上最もイかれた12の拷問方法… どれも残虐すぎる…

ノリでナメクジを食べた男性!意識不明になりそのまま1年以上昏睡状態に!

ノリでナメクジを食べた男性… 意識不明になりそのまま1年以上昏睡状態に…

体長7mの巨大ヘビの腹から出てきた25歳の男性!丸呑みにされた男性に衝撃を受ける!

体長7mのニシキヘビの腹から出てきた25歳の男性… 丸呑みにされた男性に衝撃を受ける…