ニュース

証拠の捏造で死刑となった松山事件!逮捕された斎藤幸夫の人生が辛すぎる!

投稿日:

証拠の捏造で死刑となった松山事件…
逮捕された斎藤幸夫の人生が辛すぎる…

松山事件とは!

1955年(昭和30年)10月18日に
宮城県志田郡松山町(現大崎市)にて発生した
放火殺人事件とそれに伴った冤罪事件。

この事件は農家の一家4人の焼死体が
発見されたのが事件の発端でした。

宮城県志田郡松山町の農家が全焼し、
焼け跡からこの家に住む一家4人である家主(当時54歳)、
家主の妻(当時42歳)、夫婦の四女(当時10歳)と
長男(当時6歳)の焼死体が発見され、
遺体解剖の結果、長男以外の頭部に刀傷らしきものが認められ、
殺人および放火事件として捜査本部が設置されました。

そこで逮捕されたのが
東京都板橋区に勤務していた斎藤幸夫さんでした。

斉藤さんは当時、喧嘩で傷害事件を起こしていて
示談が成立した直後でした。

それとは別件容疑で東京に勤務している事実を
家出と偽り逮捕状を請求して逮捕されました。

証拠の捏造!

斎藤は警察の厳しい取調べで
自白しては撤回を繰り返していたが、
警察は強盗殺人・放火の疑いで逮捕。

警察は留置所に前科5犯のスパイを送り込み、
「警察の取調べで罪を認めても裁判で否定すればいい」
と斎藤に言って自白に追い込んでいたことが判明。

また、証拠とされた
男性の掛け布団の血痕は警察の捏造であると発覚しました。

> 続きを読む 

-ニュース

執筆者:

関連記事

女子中学生作文『福島県お断り』⇒ネットでは心に刺さると大反響!

\♡『いいね』お願いします♡/ 全国中学生人権作文コンテスト宮城県大会作品。 女子中学生の作品を多くの方にご覧いただきたい内容です! 第36回全国中学生人権作文コンテスト 全国中学生人権作文コンテスト …

2020年3月11日で未曾有の大災害から9年が経ち!全国各地で追悼が行われる中、光景に涙が止まらないと話題に!

2020年3月11日で未曾有の大災害から9年が経ち…全国各地で追悼が行われる中、光景に涙が止まらないと話題に…

全長13㎝の極小ミイラの正体!研究チームによって謎が解明される!

全長13㎝の極小ミイラの正体… 研究チームによって謎が解明される…

日本代表から外された香川真司の現在!日本代表から外された本音がヤバい…!

ヨーロッパのマンUでも活躍した日本のスーパースターの香川真司選手。 日本代表にも欠かせない選手… しかし、まさかの代表落選。 その時の本音がヤバいと話題に!

日本行きの飛行機に誤って乗せられた犬!無事に帰国するも!

日本行きの飛行機に誤って乗せられた犬… 無事に帰国するも…