驚き

子どもが子どもを殺すメアリー・ベル事件!世界が震撼した事件の闇は深かった!

投稿日:

子どもが子どもを殺すメアリー・ベル事件…
世界が震撼した事件の闇は深かった…

メアリー・ベル事件とは!

メアリー・ベル事件は1968年5月から7月にかけて
イギリスで11歳(初犯は10歳)の少女メアリー・ベルが
3歳と4歳の男児を殺害した事件です。

1人目の被害者!

1968年5月、空き家で子どもの遺体が発見されました。

遺体は近くに住む4才の男児マーティン・ブラウンのものでした。

口から血の混じった唾液が付着している以外、
服も綺麗で争った形跡も外傷もなく、
遺体の近くに空になった薬瓶が転がっていたことから、
警察はマーティンが誤って大量の薬を飲んだと断定し、
事故死として処理される事になります。

メアリーは、マーティンの事故死から数週間後に
託児所の備品などを壊し、警察に対して挑発的なメモを残しました。

「私 殺す だからまた来る」

「くそったれ 私たち 殺す
気を付けろ みっともないウジ虫」

「私たちがマーティン・ブラウンを殺した
くそったれ ゲス野郎」

「気を付けろよ 殺しがあるぞ
みっともないウジ虫ばあさんより マヌケ」

メモはマーティンが事故ではなく殺人であった事をほのめかす内容でしたが、
警察はこれを悪質なイタズラとして処理しました。

メアリーに対して捜査の目が及んでいなかったので、
この事件で逮捕されることはなくマーティンの葬式にも参列して、
棺に横たわる死体とも面会したそうです。

2人目の被害者!

マーティン殺害の2ヶ月後に、メアリーは
13歳のノーマ・ベル(苗字が同じだが血縁関係はない)という
少女を犯罪へ誘い込みました。

そしてメアリーとノーマは、
3歳のブライアン・ハウという男児を誘拐して、
首を絞めて殺害します。

さらに、男の子の腹部にハサミで「M」と刻み、
性器の皮を剥ぐという残虐な行動を起こしたのです。

側にはハサミが置いてあり、片方の刃は折れ、
もう片方の刃は曲がっていました。

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

海外のヤンキーはド迫力だった!日本と海外のヤンキーの比較画像がヤバいw!

日本と海外のヤンキーの比較画像をご紹介します! 海外のヤンキーは、やっぱりド迫力だった!!

25歳で死刑となった山地悠紀夫の生い立ち!人生が悲惨すぎると話題に!

25歳で死刑となった山地悠紀夫の生い立ち… 人生が悲惨すぎると話題に…

これは知るべき事実!学校では教えない知られざる歴史に衝撃を受けた…

学校では教えてくれない歴史に衝撃を受けてしまいます。 これは、知るべき事実ですね!

「いいね!」が欲しい…ただそれだけのために!湖から白鳥を引きずり出した女性に怒りの声殺到!

SNSの投稿に「いいね!」が欲しいだけに最低の行為をした女性に非難殺到…。

自閉症の子供が見ている世界!理解するのが難しい理由がわかる!

自閉症の子供が見ている世界… 理解するのが難しい理由が分かる…