驚き

スーパーフリー事件の主犯・和田真一郎の現在!名前を変え反省もせず!

投稿日:

スーパーフリー事件の主犯・和田真一郎の現在…
名前を変え反省もせず…

スーパーフリー事件とは!

2003年に発覚した組織的な輪姦事件。

早稲田大学の元公認のサークル「スーパーフリー」のメンバーである大学生らは
「ギャルは撃つための公共物だぜ」を合言葉に
1999年秋から常習的に女子大生への輪姦を行なっていたが、
そのうち2001年12月19日の事件と2003年4月27日の事件と
同年5月18日の事件のみが起訴され、
早大生ら14人が準強姦罪で実刑判決を受けた。

2003年、女性に暴行したとして捕まったのは以下の5人。

当時
早稲田大学2年 和田真一郎(28)
早稲田大学4年 小林潤一郎(21)
早稲田大学3年 沼崎敏行(21)
日本大学3年  藤村翔(21)
学習院大学1年 小林大輔(20)が起訴されています。

この事件は重大な社会的波紋を呼び、
2004年の集団強姦罪・集団強姦致死傷罪の創設につながった。

事実、暴力団幹部の息子と繋がりのある
ハコ屋(クラブでのイベントの予約利権を握るイベントサークルOB集団)が
スーパーフリーのバックにいたことを小野登志郎が確認している。

強姦の被害者の総数は400名以上、しかし起訴されたのは3件のみ。
2004年、代表に対し懲役14年の実刑判決が下りました。

> 続きを読む 

-驚き

執筆者:

関連記事

あなたはどっち?「男が憧れる男」と「女が憧れる男」の違いがわかるという画像をご覧ください!

「男が憧れる男」と「女が憧れる男」の違いがわかる画像がこちら…。

『24時間テレビ』みやぞんの激走姿を応援に来た人々の光景に不快感!

日テレ『24時間テレビ』のマラソンランナーみやぞんが痛み止めを打ちながら激走する過酷な現場の沿道側で、集まった野次馬たちが一様にスマホを向ける姿に『それって応援する姿勢って言えるの?』と不快感を覚える …

オリンピックに潜む5つの闇!選手村は世界で一番ふしだらな場所だった!

平和の祭典といわれるオリンピック。 しかしさまざまな闇が存在します。 今回はそんなオリンピックの闇を紹介します。

花の蜜を食べて生きる中国人女性!思わぬ形で本当の姿がバレる!

中国鄭州市に住む15歳の中国人女性がネットで話題となりました。 その女性は花の蜜を食べて生きているそうです。 しかし、思わぬ形で本当の姿がバレてしまいました。

元カノがストーカーになり荷物が届いた!中身はなんと超おぞましいものだった!その後とんでもないことに!

元カノがストーカーになり荷物が届いた! 中身はなんと超おぞましいものだった・・・ その後とんでもないことに・・・